「過去」タグアーカイブ

感想 『Re:ゼロから始める異世界生活 14』 過去との邂逅


過去との邂逅


それぞれの過去を具体的に描くことでそれぞれのキャラクターが抱えているものの大切さだったり,妄執だったりなところが浮き彫りになった巻でした.

お話的にも強大な力を持った新キャラがバンバン出てきてど派手で面白かったし,面と向かっても舌戦も見どころです.

この作品って助走がとてもうまくてクライマックス間近のお膳立てがこの巻でようやく揃うこともあり,盛り上がりがすごかったです.

過去と邂逅した今,次は現在と未来がどう描かれていくのか.楽しみですね.


感想 『最果てのパラディン 4』 辺境の地であたたまる


辺境の地であたたまる


大きな戦いのあとに訪れる安寧でも語るべき物語はあるんですね.

邪竜退治のあとの町おこし.いろいろなトラブルがあってもどこかほっこりするシーンが続きました.

主人公の周りだけでなく主人公も自分の物語を一歩先に進ませたのが読者としても一緒に喜べるような,そんな素敵なお話でした.

寓話のようなかといってそれほどくだけない不思議な雰囲気を持った作品だなと再確認しました.


感想 『武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 7』


最強は未だ遠く,果てしない

あらすじ・内容

「最強」を目指す少年が体験する未知の闘い――拳VS銃!!

最凶の敵・ガルトに完全敗北を喫したスラヴァ一行。より一層の鍛錬のため、賞金首たちとの命をかけた実戦経験を積むことに。そんな彼らに舞い込んできたのは、未知の武器――銃を密売する組織壊滅の依頼だった……!

image

人里の旅も大詰め.

出会ってきた様々な人たち,経験が結実して確かな実力として実感できます.

今巻はいつもより男女の関係やバリエーション豊かなイベントがたくさん起こっていたので読んでいて華を感じました.

この作品は戦闘描写に特徴があるのもそうですが,キャラクター達の思い切りが良いのも素晴らしいですね.

正気を保ちつつ死地へ容赦なく飛び込み,経験として糧を得る.武闘家の生き様に惚れ惚れしますね.

新しい技や新たな道標も示されたということなので,今後の展開が楽しみです.


感想 『されど僕らの幕は上がる。 Scene.2』


キラキラが見つかる青春活劇

あらすじ・内容

『台本』の謎が明かされるとき、すれ違った彼らの行く末は――?

リアリティ番組に隠された過去の事件を探るうちに、涼太は自らの不自然な記憶に気づく。事件の鍵が見え始めた矢先、ひなたが突然「卒業する」と言いだして――!? 「本当の自分」を探す少年少女のビターな青春譚。

image

活劇型青春ドキュメンタリー,ここで閉幕.

読めば読むほど明かされる謎とそれに伴って揺れ動く少年少女達の生き生きとした様が印象的でした.

時には鬱々としながら,時には無理をしながら,それでも前を向いて明日をつかもうとする彼らにグイグイ引き寄せられました.

どこかひねくれながらも,なぜか身近にいそうなキャラクターの作る空気が独特で良い物を読みました.

物語の謎は読んでいくうちに予想出来るのですが,それでもなお色褪せない青春の輝きが確かに描かれていました.

今日もどこかで彼らは悩みながらもがいて明日を生きている,そんな後味の残る作品です.


感想 『リーングラードの学び舎より 3』 教師の矜持、生命の価値


教師の矜持.生命の価値

あらすじ・内容

教師が生徒を守るため、『本気』を出した時、術式の嵐が吹き荒れる!!

「教師らしく帝国相手に教鞭を振るってきます。全力で物理的な方向に」
前代未聞の計画「義務教育」を進めるリーングラード学園では今日もトラブルが続いていた。資金不足、外部からの妨害、生徒たちの思わぬ行動などに振り回さ れる教師ヨシュアンだったが、忍び込んでいた密偵の殺害という事件が起こり、学園を不穏な空気が包んでいた。元凶の排除に動いていたヨシュアンだったが、 解決の前に生徒の一人、マッフルが、学園外部からの策略に巻き込まれてしまう。マッフルを救うため、王国最強の術式師【輝く青銅】がその真価を発揮する!
新米教師と生徒たちが紡ぐ異世界の学園物語、三時間目は隣国に殴りこみ!?

image

田舎系中世義務教育ファンタジー第三弾ですが早々に波乱の展開です.

個人的に気になったのは,主人公や諸々のプライドだったりトラウマだったりが確かに現在を形作っていて,それが周囲やいろいろなところに伝染していくさまです.

いや伝染とは少し違うかもしれません.
確かに過去があり,それで今がある.そして信念が生まれた……とどのキャラクターにも背景があると感じられて深いですね.

信念が,芯があるからこそ本気で激昂したり命をかけて動けると.

生徒たちの成長も見どころな作品なのですが,行動哲学だったりバトルシーンの読み応えがしっかり作品に色濃く浮かんでおるのが素晴らしいですよね.


感想 『りゅうおうのおしごと! 2』 ロリおかわり!


ロリおかわり!

あらすじ・内容

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ第二弾!

「私はあなたを師匠だなんて呼ばないから」
『竜王』九頭竜八一の前に現れた黒衣の少女は高飛車にそう言い放った。
夜叉神天衣。小学4年生。
弟子と同じ『あい』という名を持つJSの教育を将棋連盟会長より依頼された八一は密かに特訓を施す。
だがそれが弟子にバレた時――かつてない修羅場が訪れた!
「ししょう……? だれですか? その子……?」
はじめてのライバル、はじめての修羅場、そしてはじめての家出……
幼い師弟に訪れた危機を乗り越え、二人のあいを救うことができるか!?
悲しみの雨に閉ざされた少女達の心に、若き竜王の角が虹を描く!!

image

次々に現れるロリイベントの猛攻とそれが彩る熱い頭脳バトル!

相変わらずの半端ない取材に裏付けされた濃厚な描写が相まってどれも高いクオリティーでバランスされています.すごい.

新キャラクターの娘もかわいい.いやとにかくかわいい.ツンツンしている生意気系なんですがしいて言うならまぁ
かわいいですね.

成長にはライバルが必要.

理屈はわかるのですがそこでライバル側の視点も入れて切磋琢磨の演出が行われているのがミソですね.

一つ一つのやり方が正しいとは限らない.
しかしその最善をめぐって何人もの魂と記録,記憶が積み重なっているという感覚がありありと感じられました.

次も作者が最も書きたいものが出るということで今から楽しみです!


感想 『セブンスターズの印刻使い 2』 天災ロリ強襲!


天災ロリ強襲!

あらすじ・内容

学園迷宮の攻略後、アスタの下に、かつての仲間である《七星 旅団》の七番目《天災》メロ=メテオヴェルヌが来訪する。一流の冒険者として未だ活躍している彼女だが、家に転がり込んできた時には無一文。彼女がいるこ とでお金が心もとなくなったアスタは、高額のバイト料につられて郊外のダンジョンへ、メロと共に赴くことになったのだった――。

image

あいもかわらずキャラよし設定よしテンポよしの好印象.

新キャラのロリやお姉さんや生意気ガールも素敵でした.

また前巻が前哨戦と言わんばかりの世界の広がりを感じましたのでわくわくが加速しました.

特に良かったのがダンジョンのシーン.この作品の醍醐味ですね.

パーティを組んで進み,不意打ちやアシストなど,どんどんこれからもダンジョンシーンを増やして欲しいところです.

世界の秘密の一端が見え隠れする中,どうやって主人公達が立ち向かうのか.楽しみですね.


感想 『紅炎のクロスマギア』 覇道系ファンタジーの系譜


覇道系ファンタジーの系譜です.

あらすじ・内容

借金返済のため日々依頼をこなす、勤労魔術師の少年ヨアキム は、巨額の報酬に釣られて《竜に閉ざされし牢獄都市》へと向かった。依頼の内容は、都市中央の廃城で時を止められているという《災厄の魔女》を解放するこ と。喋る猫ラウナシカと共に、竜の咆哮が轟く都市に潜入した彼は、そこで自らの運命を変える三人の少女と出会うのだった――

image

見た目は普通なのに一クセも二クセもあるキャラクターが次々に出てきて,更に頑固.

主人公も割りと王道な設定なのに何故かかなりひねくれてます.

舞台が閉鎖された城下町の,竜と騎士が守っていて,魔女が幽体でうろつくような魅力的な場所なので次巻以降どんな展開になるのか少し不安ですがわくわくもしますね.

厨二くさい武器と敵も魅力の1つなので,そこも期待したいと思います.


感想 『イレギュラーズ・リベリオン 1』 入り乱れる設定戦


過去と現実が交差するとき,本当の戦いが始まるのです.

あらすじ・内容

GA文庫大賞≪優秀賞≫受賞作! 元エリート×落ちこぼれ部隊が刻む反撃の王道バトルファンタジー!

超自然の力を操る紋章騎士の養成学校――マーテリア騎士学 院。そこに歴代最高成績で入学し、最強部隊で活躍していたハンティス=ハーミリオン。ところが、 「せんぱい、起きてくださいよぉ……」「……なんでそん なに俺に構うわけ?」 今は落第生としてドジっ子のマロンを筆頭に、問題児ばかりが揃う落ちこぼれ部隊の隊長となっていた。しかしある日、学院を揺るがす 事件が勃発し、ハンティスの前に忌まわしい過去の因縁が再び姿を現す。「俺はもう逃げないって決めたんだ」 元エリートと落ちこぼれたちの反撃が、いま始 まる! 第7回GA文庫大賞≪優秀賞≫受賞の王道バトルファンタジー!

image

属性魔法や精霊?やカッコいい武器が入り乱れる設定戦が心地よいファンタジー学園モノでした.

また小隊長になってる主人公がいい感じに過去を引きずりまくっていてストレスのギリギリを攻めているのも個人的には好きでした.

ただやはりキャラが多いのと女性陣が中々共感しづらいのもあって戸惑いますね.

女難な感じのヒキですがもう少し掘り下げがあってからが本番な気もしますね.