「先輩」タグアーカイブ

感想 『灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹』 新しい世界 それぞれの居場所


新しい世界.それぞれの居場所.

あらすじ・内容

異界をさまようチームハルヒロ、過去最大のピンチ!?

『黄昏世界』から脱出したハルヒロたちは、グリムガルとも異 なる『太陽の昇らない世界』にへと足を踏み入れた。なんの情報もないまま、それでも仲間を率いるハルヒロ。幸いなことに、異界の住民たちが住み着く村を発 見し、ひとまずの安全を確保できたものの、過酷な環境に問題は山積みだった。更に最も必要とする「グリムガルに帰る方法」はまだ手がかりさえも見つからな い。
自分たちは帰ることができるのか、そして時たま頭をよぎる本当に『帰る』場所は違うところなのでは、という感覚。様々な想いを胸に抱きつつ、ハルヒロたちは、異界の探索を進めていく。灰の中をさまよい、行き着く先には――

image

手探りで進んでいく冒険と仲間とのリアルなやり取りが今回も最高にキマってました.

また世界の広がりとそこに確かにある存在たちがしっかりと自分を主張している様がありありと畫かれているので,緊張感が途切れないのも大きな魅力になっています.

危機に次ぐ危機を主人公達が一つ一つ知恵と魂を絞りながら駆け抜ける様は自然とこちらも手に汗握ってしまいましたね.

一冊に詰めた濃い話に大満足しながらも,更に更にと渇望してしまう,そんな魅力が詰まった巻だと思います.


感想 『愚者のジャンクション(side friendship)』 来たるべき復讐を描くスクールサスペンス


恐るべき筆致と来たるべき復讐を描くスクールサスペンス……

あらすじ・内容

『悪党』は誰か――その復讐は、伝染する。耳目口司、衝撃の問題作!

「この学園の悪党に復讐を」都内有数の進学校に書かれた”エーミール”による復讐声明。『飼育部』の十文字は、惨殺された後輩の無念を晴らすべく犯人=エーミールの謎を追うが!? 本当の悪党を知るとき、彼は――

 

image

淡々と進む展開がどんどん加速していって最後のクライマックスではページをめくる手が止まりませんでした.

絶対の友情という新しい法が生んだ復讐の鬼.

どこか人間離れしたキャラクター達は,やっぱりどこか人間らしい気もします.

ぶっ飛んでる奴らをしっかり作品の枠にはめて見事に描ききっています.
素晴らしい!

しかしこの終わりは卑怯です.次の巻もすぐに読まねば……


感想 『灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって』 一つ一つの選択がドキドキ


本格的な侵攻の先に落とし穴あり.

あらすじ・内容

最強&伝説の義勇兵たちとハルヒロが共闘!?

「目標はもう決まったわけだろ? それなのに、帰るってどういうこと?」
ハルヒロたちとトッキーズが発見した「黄昏世界」は新たな狩場として注目を集めていた。ハルヒロたちも、以前は逃げるしかできなかった白い巨人を撃退し、 安定した稼ぎを得られるまでになっていた。しかし、あるクランの行動がきっかけで「黄昏世界」の危険度が跳ね上がってしまう。そんななか、以前に加入した 「暁連隊」のリーダーであるソウマと再会したハルヒロたちは、なし崩しに複数のクランが参加する、大規模なミッションに加わることになる。
精強な義勇兵たちと共に戦うことで、ハルヒロは何を見て、何を思うのか――

image

様々なことが矢継ぎ早に起きていてずっと手に汗握ってました.

ひょんなミスで普通に死んでしまうようなプレッシャーと緊張感の重さと等身大な表現がマッチして,なんとも言えない雰囲気が出ています.

才能と努力.勇猛と臆病さ.

境界の最中で主人公達が取る一つ一つの選択がドキドキしましたね.

先陣を切っているメンバーも勢揃いしていよいよ盛り上がってきた展開で強くない彼らがどんな軌跡をたどるのか.
今後も目が離せませんね.


感想 『青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない』 妹よ、永遠なれ!


妹よ永遠なれ!

あらすじ・内容

おうち大好き妹から重大発表! お兄ちゃんのためにお留守番卒業!?な、シリーズ第5弾!

中間試験間近のこの日、咲太は朝からあることに悩まされてい た。 『明日、七里ヶ浜の海で会えないかな、翔子さんより』 初恋の相手、翔子から手紙が届いたのだ。しかも咲太は、おつきあいしている麻衣さんにそのこ とを話せないでいた。またもやこれは波乱の予感!? ――と思ったら、今度はおうち大好きな妹のかえでから、突然の重大発表が! その内容は「学校に行 く」というもの。 いじめが原因で家から出られなくなったかえでが掲げた目標に、咲太は全面協力を決意。麻衣さんもまた力を尽くしてくれることに。しか し、2年間まともに外に出なかったかえでにとって、目標到達への道はなかなか険しく――。 フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ、おうち大好きかえでが 「お兄ちゃんのためにお留守番卒業!」なシリーズ第5弾!

image

身近な異性である最強属性プラス保護欲を完全に肯定する設定の無敵さ…….

トラウマによって引きこもっている家族への愛ゆえの無力さと希望にすがる様がまっすぐ描かれていて,痛々しさと切なさがずっと続くなんとも不思議な気分になりました.

ハッピーエンドを切に願うものの,うまくかみ合ってくれないもどかしさでページめくりが止まらないです.

また毎回ヒキが凄いんですが,今回も見事な修羅場ヒキでこれまた悶々と新刊を待つことになりそうです.

とにかく切なく,ジーンときたい方はぜひ.


感想 『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 5』


極甘エピソードにとんでもないラスト(あとがきのこと)

あらすじ・内容

演劇×吸血鬼のドラマティック青春ノベル、第5弾!!

「交際は――認められないわ」心を通わせ、恋人同士になった 綾音と詩也に、いち子からまさかのNG宣言! 交際を隠すため、「つきあってない」と言い張る羽目になる二人。だが次のバレンタイン公演は『ロミオとジュ リエット』。舞台の上でなら甘い関係を演じられると思う詩也だったが、そこには別の問題が――!? 初詣にバレンタイン、ホワイトデー、そしてカレナたち の卒業式。冬から春へ。つきあい始めた二人と周囲の人々が織りなす、極甘なエピソード!

image

次々と現れるラブコメイベントに読者が胃もたれすると思いきや,甘酸っぱさと切なさでキュンキュンするのがすごいところです.

永遠の愛という哲学的なテーマをほのかに活かしつつ,青春の輝きを淡く描かれているのが素晴らしい.

また恋模様もこれからいよいよ!というところで続きが読めなくなるのは本当に残念です.

読者は正直に.
作品は裏切らない.

ということでこの点数にしました.


感想 『なれる!SE 13』 適材適所の難しさに直面した時


主人公の社会人スキルの成長が止まらない!

内容紹介

工兵が新入社員の教育担当に!?
ゆとり&意識高い系を戦力化せよ!

工兵の社会人二年目がスタート! そしてまさかの大盤振る舞い、大量十人の新卒社員を迎えたスルガシステム。例によって新人の教育担当となったのは……工兵でした!
「学生ベンチャーやインカレサークルで部長を務めてたんで~」と意識高い系新人に、「ホットヨガの予約があるので帰ります~」と仕事も途中で定時退社など、ゆとり爆発の新人たちに社内は大混乱!
はたして工兵は無事に新人たちを戦力化できるのか!?

 

image

ヒロインがようやく完全に裏方に回ってまたまた社会人の苦悩が本格的に描かれていますね.
新人教育は避けては通れないもの.
新人じゃなくても部下の面倒を見たりは頻繁に起きるイベントなのでシンパシーがすごかったです.

適材適所の難しさに直面した時,どんな考えを持てばいいのか?という命題のリアリティある側面がどんどん出てきて社会人の読者は自分の立場に胸を当てて読めたのではないでしょうか.
特に今回の見栄はったシーンは相変わらずジーンときました.
素晴らしかったです.

どんどん物語が進んで主人公がすごく成長していくんだけど,社会人職業ラノベの先陣として行く末をしっかり見守りたいです.


感想 『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』 世界を変えるのは,いつだって世界を感じられる自分


世界を変えるのは,いつだって世界を感じられる自分.

あらすじ・内容

葵くんと並行世界の二人の幼なじみのひと夏の青春SFラブストーリー開幕!

睡眠こそ至上の喜びと豪語する少年、葵。彼には幼い頃から、 眠るたびに並行世界を行き来する、誰にも言えない大きな秘密があった。 そしてある朝、葵の何気ない一言から二人の幼なじみ真宝とほえむのいる世界は「重 なり合い」はじめて……ひと夏の騒動が重ねていく、二つの世界と幼なじみの心。最後に残るのは、真宝か、ほえむか、それとも――夏の終わりに贈るSF青春 ラブストーリー。

 

image

読む前から自分好みの作品なんだろうなと思いながら読みました.
予想通りの素晴らしさです.

若い世代には少し難解なんですが,だからこそ若い世代に読んでほしい作品ですね.

セカイ系として押さえるべき所は押さえつつ,一つ一つ文字通り揺れ動く世界と心情が重ね合わせの状態になってストーリーがとてもしっくり来ました.

決してSFなだけでなく,そこは重要じゃないんだ,あくまで等身大の問題提起こそが主題なんだと私個人は感じました.

いろいろな感想が読みたくなる作品ですね.


感想 『青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない』


家族という存在の希望と絶望,そして憧れのモチーフからのクライマックス進行が素晴らしい!

あらすじ・内容

麻衣さんの中身がシスコンなアイドル妹に? フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ、絶好調の第4弾!

二学期。麻衣先輩との久々の逢瀬に浮かれる咲太を待っていた のは、非情にも「あんた、誰?」という麻衣の言葉だった。 どうやら思春期症候群により、麻衣の中身が誰かと入れ替わってしまったらしい。その相手とは、 金髪ギャルメイクの新人アイドル豊浜のどか。彼女は麻衣の異母妹で、母親と喧嘩をして家出し、麻衣のマンションに転がり込んできたのだという。 元に戻れ ない二人は、お互いの振りをして生活を送ることに。麻衣は入れ替わってしまった原因に心当たりがあり、のどかも麻衣に言いたいことがあるようで――?  ちょっと待て、もしかして解決しないと麻衣さんとのいちゃいちゃはおあずけ!? けどまあ、中身が麻衣さんならアイドルと付き合うってのもありかもな あ……。 フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ、「お姉ちゃんの体をエロい目で見んな!」なシリーズ第4弾!

 

image

キャラクターの活き活きしたところだけでなくその裏側に潜む昏い気持ちを浮き彫りにしながら,一つ一つの掘り下げがいっそ清々しい程ですね.

少女二人の側面から青春のひと時という窓を覗き,浮かんできた壮絶な切ない気持ち.
その上でより深く踏み込んだ切り口がなぜか爽快な気持ちになるのはこのシリーズ通しての不思議な感覚です.

またヒキが相変わらずズルいので早く続きを下さい.


感想 『青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない』 甘酸っぱさと達観した芯の強さの化学反応


素晴らしい!甘酸っぱさと達観した芯の強さが最高の化学反応起こして魅力へと昇華しています.

あらすじ・内容

バニーガール先輩と恋人同士のはずが、プチデビル後輩と恋人ごっこ!?

タレント活動に復帰した麻衣先輩と、念願の彼氏彼女になり浮 かれる咲太。──のはずが、翌朝起きたら付き合う前に戻っていた!? これは僕がブタ野郎だからなのか? 青春のバカ野郎! 原因は“思春期症候群”だと 考えた咲太は、事象を起こしている人物を探すことに。 そんな咲太の前に、尻を蹴り合った仲の後輩・朋絵が現れる。彼女は友達の憧れの先輩からの告白を回 避すべく、逃げ回っているらしい。 その最中、ふとしたことで「咲太と朋絵がつきあっている」と周囲に誤解されてしまう。しかも朋絵はこれ幸いと、咲太に 「嘘の彼氏」になってほしいと頼んでくるのだった。 ち、違うんだ麻衣さ~ん! 咲太の心の声もむなしく、二人は「恋人のふり」をすることになり──!?  シリーズ第2弾登場!

 

image

今回のヒロインの後輩ちゃんが理想の造形すぎてもうドキドキしました.
切ない気持ちと,世界の謎と,ブレない主人公と,変わりゆく状況が最高のバランスで配合されていてまさにラブコメとして完成されていました.
モチーフもいいんですよねぇ……かわいい後輩と先輩と良い感じの奴らに囲まれて主人公が羨ましくてしょうがないです.
これだけ等身大でかつ尊敬するほどブレない主人公は稀有ですよホント.


放課後のフェアリーテイル 感想


序盤から中盤にかけてのキツさがすごいです.まさに魔導書…….ただ後半にかけての盛り上がりはさすが.

image

異世界召喚と思ってったんですが,いつもの杉原節である意味安心しました.
ヒロインのミステリアスな雰囲気は大好きなんですが魅力かと言われたら唸ってしまいました.