「最終巻」タグアーカイブ

感想 『我がヒーローのための絶対悪 3』絶対悪の証明


絶対悪の証明.

あらすじ・内容

悪が身を賭して救おうとした正義のゆくえ。 沖名武尊が二代 目ヘルヴェノム卿となり、半年が経過していた。 家族同然の水町佐和子を手にかけ、悪に堕ち続けた事件。月杜MATビルで繰り広げたガイムーンとの激しき 闘争。そして旧リヴァイアサンの元幹部である第一種の怪人ビートリガたちとの殺し合い。 それらの苛烈な闘争を経てもなお、争いは終わることなく、さらに 激しさを増していく。それらを殲滅し取り込んでいく二代目ヘルヴェノム卿は、名実ともに怪人(オルタ)たちを束ねる絶対悪(アルケマルス)となっていた。  すべてはガイムーンを倒すため。幼なじみである天羽ミアをガイムーンの呪縛から解き放つため、武尊は果てなき闘争を続けている。 一方で、正義の化身と して覚醒を続けるミアは本来自身が持ち合わせているヒーローとしての感覚と「正義を行使する」というマインドセットのズレの影響で頭痛に悩まされていた。  そんな止まらない進化を不安に感じているミアの前に、フクロウを模った仮面した怪人が現れ事態を急変させる――。 絶対悪になった少年は果たして最愛の 少女を救うことができるのか。そして悪に堕ち続けた武尊の運命は――。青春ヒーローピカレスクロマン、最終巻!!

image

壮大な叙情詩が終わりを迎えたような読後感が清々しい気持ちです.

一人の英雄と一人の悪が交差することによって綺麗なシンクロをはたしていてまるで決められたパズルのピースのような心地よさにつながっています.

キャラクター一人ひとりの“芯”がそれぞれの領域で輝いていて連鎖反応して魅力を増しているイメージです.

ラストバトルも勧善懲悪を見事に皮肉ったジーンとくるシーンになっていてそれでいてしっかりと心に爪痕残すような読み応えを演出していて素晴らしかったです.

彼と彼女の物語は続いて行くでしょうけどこれ以上の描写は無粋でしょう.

安らかなる絶対悪に祝福あれ.


感想 『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 05』


受け継がれる意思.

あらすじ・内容

数多の犠牲によって訪れた平穏。終末に零れる涙。シリーズ完結。

ヴィレムは約束を守れず〈月に嘆く最初の獣〉(シヤントル) の結界は崩壊した。正規勇者(リーガル・ブレイブ)の命と引き替えに長い眠りについていた幼い星神(ほしがみ)は、その余波で空魚紅湖伯(カーマインレイ ク)とはぐれ、記憶を封じられたびれむと共に仮初めの平穏な日々を過ごす。その日、〈穿ち貫く二番目の獣〉(アウローラ)が浮遊大陸に降り注ぐことになる までは――。〈獣〉に対するのは、アイセアとラーントルク。死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、終末最期の煌めき。次代に受け継ぐ第一部、幕。

image

一人の青年と大勢のロリっ娘妖精たちの終末ファンタジー,ここに終焉.(でも続くんじゃよ)

壮大な伏線を絶妙にはっきりしない状態で回収する点がちょっとソワソワしますが,これまでの苦難とか苦労を思うとジーンときますね.

特に最後の戦闘シーン……最高です.このシーンのために前4巻はあったのではないかと思うくらいです.

ヒロイン正妻枠(と最後まで信じて疑わなかった)のクトリにまた逢いたいけど,希望というか可能性を残したエピローグでした.

キャラクターの温かいやり取りと切ない世界観が魅力の今作ですが,同舞台の新作が始まるということなので,早く読みたいと思います.


感想 『オレと彼女の萌えよペン(増刊号)』 出会い、高めあい


出会い,高めあい.

あらすじ・内容

あの燃えて萌える日々を短編集で! 「オタリア」コラボも収録!

最高の漫画を描くためにネタを探す、俺と茉莉の日々はいつも騒々しい。でも、みなせたちを水着モデルにしてデッサンしたり、学園祭でカップルコンテストに出たり……「萌え」を学ぶために、ここまでやる!?

image

後日談は蛇足だと誰もが言いますが甘々で幸せなこの雰囲気,嫌いじゃない.

多くは語りません.
二人の最高のハッピーエンドに祝福を.


感想 『されど僕らの幕は上がる。 Scene.2』


キラキラが見つかる青春活劇

あらすじ・内容

『台本』の謎が明かされるとき、すれ違った彼らの行く末は――?

リアリティ番組に隠された過去の事件を探るうちに、涼太は自らの不自然な記憶に気づく。事件の鍵が見え始めた矢先、ひなたが突然「卒業する」と言いだして――!? 「本当の自分」を探す少年少女のビターな青春譚。

image

活劇型青春ドキュメンタリー,ここで閉幕.

読めば読むほど明かされる謎とそれに伴って揺れ動く少年少女達の生き生きとした様が印象的でした.

時には鬱々としながら,時には無理をしながら,それでも前を向いて明日をつかもうとする彼らにグイグイ引き寄せられました.

どこかひねくれながらも,なぜか身近にいそうなキャラクターの作る空気が独特で良い物を読みました.

物語の謎は読んでいくうちに予想出来るのですが,それでもなお色褪せない青春の輝きが確かに描かれていました.

今日もどこかで彼らは悩みながらもがいて明日を生きている,そんな後味の残る作品です.


感想 『オレと彼女の萌えよペン 5』 創作ラブコメ、ついに完結


創作ラブコメ,ついに完結.

あらすじ・内容

勝負の漫画グランプリ! 泉が見つけた『世界一の萌え』とは――

人気雑誌連載をかけた、漫画グランプリへの挑戦が決定!? 今の俺と茉莉となら、今度こそ最高の漫画が描けるはずだ。そして気付いたんだ。俺にとっての「最高の萌え」は……一番身近なところにあったんだって。

image

ここ近年で一番ドキドキしながら読めたラブコメだったので終わるのが寂しいです.(まだ短編集がありますが)

この作品の特徴として,“ひたむきさ”があると考えています.

魅力的な主人公達やヒロイン,脇役たちがひとりひとりひたむきに頑張る様とラブコメがしっかり融合してシナジー度が本当に高かったです.

そして相変わらず本当にブヒれるいい味のヒロインが最高でした.

作者の村上凛先生は少し気の強いツンデレの女の子を書かせたら最強の作家ですね.

まだ少し続くとはいえ,ここで一旦の完結を見せたので次のラブコメ爆弾がどう爆発するのか,楽しみです.


感想 『愚者のジャンクション -side evil-』 復讐の哲学


光と闇の不安定さ,そして復讐の哲学.

あらすじ・内容

その事故は、起こるべくして起きた。すべての真相が明かされる『解決』編!

なぜ、十文字はエーミールになれなかったのか。事件のスター ト地点はいったいどこにあったのか。物語を解明する『役割』は――名探偵にはない。起こるべくして起きた事故を、真の探偵である彼は周回遅れで目撃する。 “事件”の全容を目撃せよ。

image

ヘルマン・ヘッセやハンブラビを軸におきなから少年少女の葛藤と陰謀,想定外と工夫が描かれていて最高にクールな作品に仕上がっています.

前半巻で描かれていた事件が後半違う側面を持って全く違う表情になり,完成するさまのカタルシスが素晴らしい.

“周回遅れで目撃する”という表現が妙に腑に落ちてしまうのと気持ち悪さと青春の爽やかさが謎の融合と化学反応を見せていてとにかくすごいです!

彼と彼女が何に間に合って何に間に合わなかったのかは読んでみてほしいのと,前巻読んでこの巻読まないのはとにかくもったいないです.

完結っぽいのが残念ですが一クセも二クセもあるキャラクター,悪党たちが今日もどこかで笑いながら謳歌していると考えつつ,次の作品にも期待したいと思います.


感想 『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 5』


極甘エピソードにとんでもないラスト(あとがきのこと)

あらすじ・内容

演劇×吸血鬼のドラマティック青春ノベル、第5弾!!

「交際は――認められないわ」心を通わせ、恋人同士になった 綾音と詩也に、いち子からまさかのNG宣言! 交際を隠すため、「つきあってない」と言い張る羽目になる二人。だが次のバレンタイン公演は『ロミオとジュ リエット』。舞台の上でなら甘い関係を演じられると思う詩也だったが、そこには別の問題が――!? 初詣にバレンタイン、ホワイトデー、そしてカレナたち の卒業式。冬から春へ。つきあい始めた二人と周囲の人々が織りなす、極甘なエピソード!

image

次々と現れるラブコメイベントに読者が胃もたれすると思いきや,甘酸っぱさと切なさでキュンキュンするのがすごいところです.

永遠の愛という哲学的なテーマをほのかに活かしつつ,青春の輝きを淡く描かれているのが素晴らしい.

また恋模様もこれからいよいよ!というところで続きが読めなくなるのは本当に残念です.

読者は正直に.
作品は裏切らない.

ということでこの点数にしました.


感想 『僕は友達が少ない 11』 未熟だからこそ、それが輝かしい.青春賛美!


残念ラブコメの金字塔,ここに完結.
残念はそのままに,念が残る,未熟だからこそ,それが輝かしいと言わんばかりの青春賛美に感じました!

あらすじ・内容

心に残る今。

リア充の時間の流れは速い。小鷹達は、散々迷いながらも手に入れた、友達や恋人との充実した日々を駆け抜けていく。友情、恋愛、進路、家族のこと……。そしてやってくる、卒業。残念系青春ラブコメ、エピローグ!

 

image

1巻から続いたそれぞれの道とこれからの道.
それを伏線回収で通しながら丁寧に寄り添って描かれているイメージです.
ここまで続いてもまだ新たな発見がある.良い気持ちでした.

色々と話題に事欠かない作品で,随分と読みての間でもて遊ばれた?作品でもあるので完結の感慨は深めです.正直さみしい.

しかしラブコメの新境地を間違いなく開いた作品だろうし,私は落ち込んだという印象は全くありません.

彼と彼女たちの未来はしっかり続き,しかし今を残して心に刻んで進んでいく.
ポジティブだけが能じゃない.そんな現代の一ルートを堪能できました.
お疲れ様でした.


感想 『CtG 3』 親子の絆……というテーマに対して.


前回も驚きましたが今回もとんでもない波乱で幕を開けました.

あらすじ・内容

ネトゲ嫁×幼馴染×本当の嫁!? VRMMO子育てファンタジー最新刊!

「わたしの娘を引き取りに来たわ!」ハルハの“本当の”母親を名乗る少女・日下秋理。秋理の登場で、遊と美遙と冬風との関係が更に複雑に!! おまけに、秋理は人類全てを巻き込む壮大な秘密を遊に打ち明けて!?

 

image

親子の絆……というテーマに対して安直なアプローチをせずにSF的なところ,肉体面・精神面と多様な方向から見事に描ききっていて大満足です!

子供がどんどん成長するのが楽しみでもあり,寂しさでもあり,誇りにもなる.1巻2巻と危機を乗り越えた彼と彼女らはもう無敵なのかもしれませんね.
完結ということで寂しいですが,蓋を開けたらこんなにも多様な楽しみ方ができる作品も珍しいと感服しています.
次回作も待ち遠しいですね.


『ライフアライヴ! 4』 感想 大団円の劇場型青春ラブコメでした!


大団円の劇場型青春ラブコメでした!

内容紹介

いよいよ最終決戦の舞台、瀬海学園文化祭が始まった。初日に行われた討論会で千夏陣営、愛梨陣営のマニフェストが出揃い、残すイベントは三日目のミスコ ン、そして五日目、生徒会総選挙の最終投票だけに。「そんなに抱きつかなくていいんじゃないか?」「私たちは恋人なんですから、こうするのが自然なんです よ」支持率を得るための追い込みとして恋人を演じ続けながらも文化祭を楽しんでいた北斗と愛梨だったが、愛梨の様子がどこかおかしい? そして、生徒会総 選挙の行方は――? あさのハジメ×ゆーげんが放つ劇場型青春ラブコメディ、運命の刻が迫る……!

image

間違っている女の子に正論を言うことの気持ちよさってありますよね.
この作品はキャラの掘り下げが物凄くてどのキャラでもジーンとくるようになっているのが本当に凄いです.
青春だし,まっすぐ進める奴もいれば,回り道したり,がんじがらめになったり,立ち止まったりする.それでいいんだよなと肯定してくれるような優しい作品です.
激しく命を燃やしながら一生懸命なキャラ達に励まされるし,素直にこんな青春送ってみたい!と思えました.
そしてゆーげん先生のイラストは本当に素晴らしいですね.今回は口絵も挿絵もかなりのクオリティーでまさに最終巻に相応しい彩りを添えてくれました.
彼と彼女の生活はまだまだ作品の中で続くでしょうが,我々読者はここでリタイヤです.『そこに立ち続ける強さ』を教訓にしたいですね.
お疲れ様でした!