「ダンジョン」タグアーカイブ

感想 『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』


見事な破壊っぷり

あらすじ・内容

[男4人女1人の旅団(サークル)]+[サークルクラッシャー1人]=!?

“巌窟王(ダンジョンマスター)”によって隠された莫大な財宝・七氏族軍資を横取りするため、旅団(サークル)が鎬を削る冒険者時代。白魔道士ユーリは“軍資に一番近い旅団”と称される猛者五人のうちのひとりにして本の蒐集家だったが、迷宮の奥深くに封印されていた美女・クリスティーナの旅団参加によって、旅団の人間関係は滅茶苦茶になってしまう……!
[男4女1の旅団(サークル)]+[女1]=修羅場(クラッシュ)!?

「……私のこと好きですよね? ですから、好きです」

人間関係をことごとくしかも全自動で破壊する危険な女性の極地のようなキャラクター造形に脱帽です.

それなりの時間をかけて絆を育んだ関係良好な熟練冒険者たちがある少女と出会うことで完全に関係が崩壊していくさまをファンタジーが舞台でありながら何処か現代にも通じる筆致で描いています.

どのキャラクターも濃い味付けで一緒になって一喜一憂できますし,それぞれに等身大なところが少しあるのでそこもバランスがいいですね.

続きが出るかどうかは微妙な終わり方ですが,もしあるとしたら今作以上のサークルクラッシャーぶりを発揮してもらいたいですね.


感想 『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜 12』 悲願の達成とその代償


悲願の達成とその代償

あらすじ・内容

父と息子は迷宮へ!! 母の救出は成るか!?

母を救出するため、父パウロと共に迷宮に挑むことになったルーデウス。かつてない脅威を前にした時、父が息子に伝えた予想外の言葉とは!? 異世界で親子の絆を知る、人生やり直し型転生ファンタジー第十二弾!

家族の絆と思い通りに行かないもどかしさで四苦八苦する巻でした.

どんな理由にせよ,落ち込んだ人に差し伸ばされる手は尊いものです.

大転移に関しての話は一旦の帰結を見せたわけですが,正直どうにもしっくりこない終わり方でもやもやしますね.

キャラクターも淡々としているので余計に状況のもどかしさが際立ちます.

次は剣の修行をしているエリスにそろそろ焦点を当ててほしいところです.


感想 『ゴブリンスレイヤー 2』 ただひたすらに貫く


ただひたすらに貫く

あらすじ・内容

蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー。
圧倒的人気のWeb作品、早くも2巻が発売!

発売後、即大増刷のヒット作『ゴブリンスレイヤー』。
5月25日発売の「月刊ビッグガンガンVol.06」よりコミカライズ(漫画:黒瀬浩介)連載開始!
「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」
ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。
差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教だった。
大司教はかつて魔神王を打ち倒した金等級の一人として、剣の乙女と呼ばれる英雄でもあった。
彼女いわく、水の街の中に何故か小鬼が出るという。
ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
「この小鬼禍は、人為的なものだ」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!

image

ゴブリンを倒す背中がたくましすぎてカッコイイ.

凄惨を極める醜きゴブリンが本当に邪悪に描かれていて恐怖を覚えるレベルです.

それを考えて考えて工夫して工夫して虐殺をする主人公がある種狂っている感じなんですが,相変わらずその背景が言動の重みと説得力につながっている構成でアツくなります.

キャラクターも固有名詞ではないものの個性がかなり豊かでコロコロ変わる表情と言葉に楽しくなります.

前巻は1巻完結のような展開でしたが今回は伏線もたくさん出てきていよいよ世界観が広がっているので,またその芯で貫いているところをどんどん読んでいきたいですね.


感想 『セブンスターズの印刻使い 3』 冒険の結末と陰謀


冒険の結末と陰謀

あらすじ・内容

バイトの為に訪れた迷宮で襲い掛かってきた《七曜教団》の 《木星》アルベルを退けたアスタは、離れていた仲間と合流して事態を把握すべく、迷宮のさらに奥へと進む。そして、そんな彼の前に立ちはだかったのは、先 ほどまで一緒に冒険していた同級生・ピトス=ウォーターハウスだった――。本格異世界ダンジョンファンタジー、激動の第3巻!!

image

話としては伏線を張りまくって最後にドでかいヒキを作って終わったので少しモヤモヤです.

ただこの作品の醍醐味であるダンジョン戦が綺麗に終わったのが良かったですし,それぞれのキャラクターの思惑や思想がしっかり描かれていた点は満足です.

主人公が思ったよりも足手まといで周りがしっかりフォローする感じですが,今回は少しその特異なところが漏れ出ていたのでそこも良かったです.

また次の巻から新しいステージだと思いますが規格外の敵,一端もまだ見せていない陰謀……そしてロリと見どころがたくさんありそうでワクワクしますね.


感想 『フェアリーテイル・クロニクル 5』 ダンジョンその後


ダンジョンその後……

あらすじ・内容

エルフの森編、その後編は「フェアクロ激闘編」!?

エルフの娘・アルチェムと共に森の神・アランウェンの神殿へ向かう宏達。一行は異界化したダンジョンに手を焼くが、やがてアランウェンの元へと……!? 「フェアクロ激闘編」開幕! モノづくりもがんばります!!

image

相変わらずまったりでもそれなりにさくさく進むゆるさでダンジョン攻略.

ただ今巻は全体的にエピローグと伏線バリという印象が強く,次巻に結論を残すといった形で落ち着いています.

新キャラもほとんどなくやはり全体的に準備回.

ただもろもろの事象が起きている背景が丁寧に描写されていたのでそこは良かったです.


感想 『フェアリーテイル・クロニクル 4』 エルフの里でえろえるふ


エルフの里でえろえるふ

あらすじ・内容

待望の新章突入。エルフの森へ向かう宏達を待つものは!?

異世界に飛ばされてすでに半年以上が経過していた。宏達は元の世界に帰る手段を探るべくウルスを離れることに。目指すは森の神・アランウェンの神殿があるエルフの森。そこで待つのは波乱の物語? お宝素材!?

image

うってかわって本格冒険本格ダンジョン!な巻でした.

それっぽいお色気担当のエルフちゃんが投入されたおかげで恋のバトルにもいろいろと波紋があったのが微笑ましいです.

また本格的なダンジョン攻略とあって,バトルよりもどちらかというと進行上の工夫みたいなところに焦点があたっていたのが嬉しかったです.

かなり気になるヒキかなと思いますがしっかりとした着地点を熱望です.


感想 『最強ゲーマー、異世界にて実況プレイ中 2』


ダンジョン登場

あらすじ・内容

大事なものを守るため、次に挑む試練は「女騎士の育成」!?

古今東西あらゆるゲームをやり込んだ俺、高坂葵は『ゲームが得意な方を優遇』という求人広告をきっかけに異世界で、ダンジョンの”管理人”をしていた。
そんなある日、俺は思わぬ難題を突きつけられる。
ダンジョン維持のため「迷宮にボス役を配置」しないといけないらしい。
しかも、そのボス役の適性があるのは、以前開拓村が襲われた時、捕虜になっていた人族の女騎士だけで――!?
苦労して準備した迷宮に歓迎できないお客もやってきてしまい、なかなかにハードモードな展開に。
とはいえ、ゲーマーとしてはこんな状況も楽しまなきゃな。
次なる試練『女騎士育成ゲーム』も真面目に、楽しんで、攻略していきますか。

image

相変わらず実況してない実況人生ゲームのプレイを満喫している主人公.実にいきいきとしていました.

新キャラの女騎士もまっすぐでそこが可愛く描かれていて非常に愛着がわきました.

経済やご都合主義なところが濃くあるのもそうなのですが,作品の世界や価値観などが一貫してそこを重点的に書きたいという気持ちが伝わるので逆に納得しています.

攻略キャラが増えてますます異世界の人生ゲームが華やかに.
今後の実況も期待しています.


感想 『MONUMENT』 ハードボイルドなネオファンタジー


ハードボイルドなネオファンタジー

あらすじ・内容

僕は、僕自身の怪物だ。他ならぬ僕が、そう望んだからこそ。  人類が火を熾(おこ)すよりも先に、発火の魔術に目覚めた世界。 旧ソ連出身の孤独な少年工作員ボリス・カルノフは、とある少女の護衛依頼を受ける。少 女の名前は千種(ちぐさ)トウコ。一億人に一人といわれている『賢者』の魔力資質を持った魔術師らしい。ボリスの任務は彼女が『ピラミス魔法学院』を卒業 するまで、あらゆる危険から護(まも)り抜く事だという。 どうにも不透明な依頼を怪しむボリスだが、訪れたピラミス島の地下に眠る超古代魔法文明の遺跡 『モニュメント』をめぐる戦いに巻き込まれて、自分自身と世界に秘められた真実に邂逅(かいこう)する!! 絶望からはじまり、未来に挑むネオ・ファンタ ジー、開幕!!

image

新ジャンルと感じるほど節々キマってる濃厚な作品.

最高にひねくれているけどどこか憎めない極まっている主人公に真面目でシリアスだったりほんわかどったりする脇キャラ達が見事に調和して独特な空気を演出しています.

ファンタジーなようでSF.
そうそう大ジャンルを掴ませない怪しい魅力もありますね.

適度にヒントが散りばめられた作品の大きな謎も良かったですし,余韻も結構好みです.

なかなか続きが書きにくい終わり方ですが,愛すべきキャラクターたちにまたどこかで会いたいですね.


感想 『セブンスターズの印刻使い 2』 天災ロリ強襲!


天災ロリ強襲!

あらすじ・内容

学園迷宮の攻略後、アスタの下に、かつての仲間である《七星 旅団》の七番目《天災》メロ=メテオヴェルヌが来訪する。一流の冒険者として未だ活躍している彼女だが、家に転がり込んできた時には無一文。彼女がいるこ とでお金が心もとなくなったアスタは、高額のバイト料につられて郊外のダンジョンへ、メロと共に赴くことになったのだった――。

image

あいもかわらずキャラよし設定よしテンポよしの好印象.

新キャラのロリやお姉さんや生意気ガールも素敵でした.

また前巻が前哨戦と言わんばかりの世界の広がりを感じましたのでわくわくが加速しました.

特に良かったのがダンジョンのシーン.この作品の醍醐味ですね.

パーティを組んで進み,不意打ちやアシストなど,どんどんこれからもダンジョンシーンを増やして欲しいところです.

世界の秘密の一端が見え隠れする中,どうやって主人公達が立ち向かうのか.楽しみですね.


感想 『イレギュラーズ・リベリオン 1』 入り乱れる設定戦


過去と現実が交差するとき,本当の戦いが始まるのです.

あらすじ・内容

GA文庫大賞≪優秀賞≫受賞作! 元エリート×落ちこぼれ部隊が刻む反撃の王道バトルファンタジー!

超自然の力を操る紋章騎士の養成学校――マーテリア騎士学 院。そこに歴代最高成績で入学し、最強部隊で活躍していたハンティス=ハーミリオン。ところが、 「せんぱい、起きてくださいよぉ……」「……なんでそん なに俺に構うわけ?」 今は落第生としてドジっ子のマロンを筆頭に、問題児ばかりが揃う落ちこぼれ部隊の隊長となっていた。しかしある日、学院を揺るがす 事件が勃発し、ハンティスの前に忌まわしい過去の因縁が再び姿を現す。「俺はもう逃げないって決めたんだ」 元エリートと落ちこぼれたちの反撃が、いま始 まる! 第7回GA文庫大賞≪優秀賞≫受賞の王道バトルファンタジー!

image

属性魔法や精霊?やカッコいい武器が入り乱れる設定戦が心地よいファンタジー学園モノでした.

また小隊長になってる主人公がいい感じに過去を引きずりまくっていてストレスのギリギリを攻めているのも個人的には好きでした.

ただやはりキャラが多いのと女性陣が中々共感しづらいのもあって戸惑いますね.

女難な感じのヒキですがもう少し掘り下げがあってからが本番な気もしますね.