「MMORPG」タグアーカイブ

感想 『フェアリーテイル・クロニクル 4』 エルフの里でえろえるふ


エルフの里でえろえるふ

あらすじ・内容

待望の新章突入。エルフの森へ向かう宏達を待つものは!?

異世界に飛ばされてすでに半年以上が経過していた。宏達は元の世界に帰る手段を探るべくウルスを離れることに。目指すは森の神・アランウェンの神殿があるエルフの森。そこで待つのは波乱の物語? お宝素材!?

image

うってかわって本格冒険本格ダンジョン!な巻でした.

それっぽいお色気担当のエルフちゃんが投入されたおかげで恋のバトルにもいろいろと波紋があったのが微笑ましいです.

また本格的なダンジョン攻略とあって,バトルよりもどちらかというと進行上の工夫みたいなところに焦点があたっていたのが嬉しかったです.

かなり気になるヒキかなと思いますがしっかりとした着地点を熱望です.


感想 『フェアリーテイル・クロニクル 3』 ひとつの終わりと新たな出会い


ひとつの終わりと新たな出会い

あらすじ・内容

大ヒット御礼。今をときめく「生産系」ファンタジー、第三弾!

VRMMO『フェアリーテイル・クロニクル』によく似た異世界に飛ばされてきた東宏(あずまひろし)と藤堂春菜(とうどう・はるな)。至高の職人・宏の空気読まない異世界ライフは今日も続く!

image

大トリのボスもマイペースに撃破して,ゆるゆる生産異世界ライフは変わらずといったところ.

ファンタジー要素とそれをぶち壊す生産要素がマッチすると解説も楽しい要素が生まれるところに個性があって素敵です.

主人公の女嫌いが思った以上に恐ろしいほど足を引っ張るのでびっくり.

綺麗な着地を期待しつつ,またゆるゆるな進行を見せて欲しいですね.


感想 『フェアリーテイル・クロニクル 2』 スキル性の相性の良さ


スキル性の相性の良さ

あらすじ・内容

モノづくり系ファンタジー第2弾! 宏の異世界ライフは続く…

異世界に飛ばされて以来、厄介事続きの宏と春菜。ファーレー ン王国の王太子から依頼を受け、王女エレーナの治療を請け負う。まさかそれが王国の一大事に発展するとは思いもよらず……!? まったりモノづくり系異世 界ファンタジー、待望の第二弾! 至高のクラフト職人・宏の空気読まない異世界ライフは今日も続く!

image

典型的なスキル性の物語なのに設定開陳にストレスがないのは重要ですよね.

前回ちら見せした敵側の傀儡系女子キャラが思ったよりもどうしようもなくて逆に燃えますね.

戦闘シーンは派手ではなく設定の折り合い合戦なのですが,そうと割り切れば非常にわかりやすいのでそこもストレスない感じでした.

いよいよ敵の暗躍が本格化しそうなので主人公達の持ち前ののらりくらりでどうやってやり過ごすのかがみものです.


感想 『フェアリーテイル・クロニクル 1』 MMOモノづくり系


MMOモノづくり系

あらすじ・内容

ヘタレ男と美少女が綴る「モノづくり系」異世界ファンタジー!

《電子版限定オリジナルショートストーリー収録!》不慮の事 故で飛ばされた異世界は、人気VRMMO『フェアリーテイル・クロニクル』そっくりの世界だった。ゲーム内で生産職人として高いスキルを保持していた宏 は、そこで再会したクラスメイトの春菜と共に自給自足の生活を開始することになるのだが……!? 「モノづくり系」異世界ファンタジーの始まり始まり。

image

MMOへの異世界召喚物では珍しく,主人公の戦闘能力ではなくクリエイティビティで勝負するタイプ.

この手の話で重要なのは1巻目でやるゲームのシステムや世界のルール,主人公の適正などの説明シーンなんですが,この作品ではストレスなく必要十分な量を適度な頻度のバランスで渡してくれる感じです.

そのバランス感覚が自分に合っていたのと,起こるイベントをのらりくらりとしながらも自分の考えでガンガン進むさまが心地よかったです.

キャラクターの個性としてはそこまで強烈じゃないのですが,これから掘り下げられると思いますので今後に期待です!


感想 『ログ・ホライズン 10 ノウアスフィアの開墾』 わがままで救うということ


わがままで救うということ.

あらすじ・内容

シロエが苦悩の果てに出した決断は――!!

ロエ2の手紙が示唆した〈航海種〉という第三の存在、〈典 災〉を名乗るモンスターによる〈大地人〉への危害など、クラスティを欠いた円卓会議は紛糾していた。元の世界への帰還か、大地人の救命か? シロエは己に 問い続けながらも、次の一手となる「月」への交信方法を探るべく、大規模戦闘シブヤダンジョンへ挑む!!

image

腹黒メガネがたどり着いた境地にやっぱりジーンとしますね.

レイドコンテンツの醍醐味でもある集団戦闘と主人公(達)の葛藤がシンクロする綺麗な作りでクライマックスへの演出がされていてかなり盛り上がりました.

一人ひとりのキャラクターがそれぞれに不完全で,補い合いながら自分の大切な何かを切磋琢磨する.

そんなドラマをバックに,世界の謎と選択が進行していく.

ようやく明らかにされつつある設定と伏線がいくつか開示されたのでそこも魅力になりそうなのですが,やっぱりドラマ部分とそれ以外のバランスが素晴らしい作品ですね!


感想 『七星のスバル』 ノスタルジー漂う青春オンラインゲームアクション


ノスタルジー漂う青春オンラインゲームアクション.

あらすじ・内容

また、皆に会いたいよ。 かつて、世界的人気のMMORPG 《ユニオン》において、伝説となったパーティがあった。名を、スバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く 《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。この人死事件をきっかけに、 《ユニオン》はサービスを終了してしまう。 ……時は流れ、6年後。かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生に なっていた。性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。だが、クラスメイトに巻き込まれる形でログインした新生《リユニオン》のなかで、陽翔は 信じがたい“再会”を果たす。スバルの仲間であり、リアルの幼なじみだった少女、空閑旭姫(くが・あさひ)――6年前、ゲーム中に死んだはずの彼女が、そ こにいた。「きっと夏の病だ。それかシステムエラー。むしろバグ!」「あははっ。もう陽翔ってばどうしたの。顰めっ面なんて似合わないよ?」――伝説は再 び動き出す。革新的青春バトルオンライン!

image

他のMMORPGとは違って明確に“過去”を意識した構成になっているのが特徴でしょうか.

悲劇によって切り裂かれた幼なじみたちが,時間を経てかつての関係と決別して,新しい関係を築き上げる物語です.

そして幼なじみの“存在の謎”がひとつのキーになって世界観の掘り下げをしている点が良いですね.

ただメインキャラ以外の脇キャラ達の行動原理が割と謎で何度も頭に疑問符が出ました.

ヒロインに対してゲームなのに奴隷になれとか俺のものになれみたいなやつがわんさか出てくるんですが,ゲームなのになぜそんなことができると思ってしまうんだろう?
やだって言われたらそこで終わりじゃないのでしょうか……?
リアル割れでもしてるのでしょうか.

謎です.


感想 『スカイ・ワールド11』 ハーレムヘイト管理MMORPGの金字塔


ハーレムヘイト管理MMORPGの金字塔,堂々完結ですね.

あらすじ・内容

共闘の末、開かれた第一軌道への扉!

第一軌道島アイオーンにたどり着いたジュンたちは、サクヤのために残された希望をついに掴んだ! 願いが叶うと歓喜するメンバーにアイオーンの主・コノハは告げる――「サクヤという冒険者は、このままでいい」と。

 

image

この作品は自分も思い入れがあって,MMOにおける楽しさだったりキャラクターの魅力だったりクエストのモチーフの旨さだったりを再発見するきっかけだったので寂しいですが全体通してかなり満足な作品でした.

オチや世界の真相は結構意外だったのですが,まぁこういう因果も納得できなくもないと腑に落ちました.

バトルも一杯でこってりでもあったのですが,リアルな世界が薄い描写なのに思ったよりもしっかり影響濃く描かれているのが印象的でしたね.

ベテラン作家の安定したエンディングと言ったところでしょうか.お疲れ様でした.


感想 『ログ・ホライズン 9』 ヒーローのヒーローによるヒーローのための矜持


ヒーローのヒーローによるヒーローのための矜持.

あらすじ・内容

傍若無人!天真爛漫!シロエを振り回していた「彼女」がいよいよ登場!!

突然ゲームの中に閉じ込められ、仲間のいない中国サーバーで 大規模戦闘に一人巻き込まれたレオナルドは絶望していた。そんな窮地のレオナルドを救ったのは黒髪で爆発的なグラマーのカナミ。カナミは英雄・エリアス、 無表情な回復職・コッペリア、人語を解す白馬を引き連れ、日本を目指しているという。強引で豪快なカナミに、あっという間にレオナルドも旅の仲間に加えら れ、四人と一匹の旅は始まりを告げた。「いざ! 東へ!」

 

image

いよいよ群像劇の様相をていしてきましたログ・ホライズン第九巻.

それぞれの個性と異質との出会いが化学反応を起こして有機的につながって……と世界の広がりをありありと感じました.

最後の最後でやっぱり普通のMMOとは違うなとニヤリとさせてくれるところも流石です.

黎明の彼女の動向も気になりますが,我らが腹黒メガネの活躍ももっとスポット当てて見たいところです.


感想 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 1』


タイトル通りなんだけど,骸骨である理由が鎧を脱げない事にしか使われていない!

あらすじ・内容

骸骨騎士による無自覚世直しファンタジー!

MMORPGプレイ中に寝落ちしてしまい、目覚めるとゲームキャラの姿で見知らぬ異世界に放り出されていた「アーク」。
その姿とは、見た目は鎧、中身は全身骨格の骸骨騎士!?
──正体がバレたら、モンスターと勘違いされて討伐対象になりかねない!
目立たず傭兵として過ごすことを決意したアークだが、目の前の悪事は捨て置けなかった。
襲撃された貴族の美少女たちを救出! 軍隊出動レベルのモンスターを討伐!!
さらには、盗賊たちを殲滅──!? と、ゲームで鍛えたスキルで快刀乱麻の大活躍!
そんなある日、彼はダークエルフの美女アリアンに雇われ、囚われたエルフ族の奪還作戦に協力することに。
だが、その裏には王族の策謀が渦巻いており──!?
最強の骸骨騎士による無自覚””世直し””異世界ファンタジー、ここに参上!!

 

image

個性豊かなキャラクターたちが生き生きと動き回っていてメリハリが付いているのが印象的でした.
種族をまたがる陰謀や,宗教などまだまだ話が広がる要素がたくさんあるのでワクワクする俺つえーが見れる気がしますね.
例によって主人公が強すぎるので,周りのキャラクターがどう魅力的に映すのかがキモになりそうです.


感想 『ソードアート・オンライン 16 アリシゼーション・エクスプローディング』


圧倒的スケールの大戦争でソードアートで戦記ものっぽいテイストが大満足の巻ですね.

内容紹介

アリシゼーション編≪アンダーワールド大戦≫、ついに開幕!
キリトを想うアスナの行方は……?

人界暦三八〇年十一月。
アンダーワールド全土を混沌に巻き込む≪最終負荷実験≫の幕が上がる。
暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍3,000。
≪霜鱗鞭≫のエルドリエ、≪熾焔弓≫のデュソルバート、の副団長・≪天穿剣≫のファナティオら整合騎士は、数的劣勢を跳ね返すべく奮闘を続けるが、敵軍の 尖兵たる山ゴブリン族は奸計を用いて防衛線をすり抜け、後方の補給部隊を狙う。心神喪失状態のキリトを守る少女練士ロニエとティーゼに危機が迫る。
更に、侵略軍一の奸智を誇る暗黒術師ギルド総長ディー・アイ・エルもまた、恐るべき大規模術式によって守備軍の殲滅を図る。対する守備軍の総指揮官、整合騎士長ベルクーリがとった作戦とは……。そして、現実世界からアンダーワールドへログインしたアスナの行方は――!

 

image

キリトのお休み具合は相変わらずですがやはり帯の煽りにもあるように,アスナの降臨が一番の見どころでしょうか.

特に良かったと思ったのが,敵である相手にも知性と工夫と人間性が垣間見えている点で,今回退場したキャラもとても魅力的な描かれ方をしていて豪華の一言.
またまだまだ残っている人もいるので彼らがどのような軌跡をたどるのかがわくわくです!
またクライマックスの持って行き方が卑怯ですね.
嫌でも盛り上がること間違いなしです.

個の力と集団の力がぶつかり合って相乗効果で盛り上がるさまをまざまざと見せつけられているので,次巻も人間ドラマだったり勧善懲悪だったりを楽しみにしておます.