licoco のすべての投稿

感想 『りゅうおうのおしごと! 7』 師弟の絆 家族の絆


師弟の絆 家族の絆

血がつながっていなくても,何かで繋がって絆になり,家族になれる.そんな実感を得られた巻でした.

強さと本来持つべき弱さだったり,若さと老い,勝利と敗北など,正反対のモチーフがたくさん出てきてそれぞれがそれぞれを補完してくれているような相互作用がある物語でしたね.

戦略やルール,慣習なども含めて将棋というものを通して家族の絆や人々の人生に対する向き合い方をこんなにも熱く描いているのが素晴らしいですよね.

ドラマチックな展開の興奮も冷めぬ内に,次のドラマの予兆も描かれていてまだまだ目が話せなさそうです.


感想 『アクセル・ワールド22 -絶焔の太陽神ー』 抜かりのない戦い


抜かりのない戦い

過去の因縁や戦いの趨勢が一つの地点で結束しましたね.

ただ準備を万端にしているのは味方だけではなく,対立する相手も同様だ……というところが面白いです.

戦う前の想い,策略,仲間……全てをぶつけ合うからこそドラマがあります.

ここに来てキャラクターたちはそれぞれが自分の立ち位置をかなりはっきりさせた印象.

特に王たちの共闘や敵の手痛い反撃など見どころがすごかったです.

今巻もまだまだ長い助走の一部なので早く続きが読みたいです.


感想 『異世界料理道 13』 宿命との邂逅 妄執の終わり


宿命との邂逅 妄執の終わり

料理で織りなす異世界生活もここに来て大きな区切りを迎えました.
様々な思惑とそれぞれの立場が堂々と際立ち,またようやく読めた“料理対決“のアツさ.

料理とは相手への思いやりもあるんだと考えてしまう展開に思わず頷きました.

久々登場のキャラクターもいて華やかだし大団円だしでかなり満足度の高いお腹いっぱいの1巻でした.

次は一区切り後ということでまた新しい話が始まるので,今から楽しみですね.


感想 『29とJK 4 ~夢のあとさき~』 人の夢とは儚いモノ


人の夢とは儚いモノ.

幼馴染同士で繰り広げられる無慈悲な社会人政治の戦いと番外で進行する人と人と人の夢の話.

前編通してジーンとする雰囲気に包まれていて切なさが炸裂です.

学生読者が置いてけぼりになってないか心配になるくらい社会人の辛さや前を向く強さが賛美されていて力強いエールを貰ったような気がします.

若いキャラクターたちもそれぞれがそれぞれ輝く場所を持っていてしっかり純粋に足掻いているのも対比があっていいですね.

まさかの続くからの今巻も続くだったのでじれったいです.

親友と,恋と夢の後先がどうなるのか早く見届けたいですね.


感想 『我が驍勇にふるえよ天地5 〜アレクシス帝国興隆記〜』


全面突撃全面完了

知略謀略の限りを尽くして争った前哨戦から空けての超絶バトル.

両軍の異常事態に次ぐ異常事態に上手はどっちだと目まぐるしく変わる戦況がすごかったです.

圧倒的武勇を誇る英傑のかっこよさだけでなく裏の裏のまた裏を書く合戦の醍醐味が詰まってたのが印象的でした.

力の限り戦う主人公もいいですが,いじらしく妖しくそれでいて鮮烈に輝く女性陣もいいですね.

そして衝撃のラストからの次巻へのヒキ……早く読みたくなります.


感想 『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 運命の剣』 世界系ミステリー


世界系ミステリー

バトルファンタジーなのに世界全体巻き込む謎に巻き込まれる主人公という立て付け.

世界観が独特で少し全体像が複雑ですがあっさりとした読み心地なので全然気になりませんでした.

主人公が努力タイプで牙をずっと研いでいるタイプ.ヒロインは元気系で王道スタイル.

敵も魅力あるので今巻で退場したキャラも再登場してほしいですね.

今のところ本当の歴史を知っているのが主人公だけで,バトルも魅力ですが,なぜこんなことが世界に起きてしまったのかというミステリーこそ追いかけたいとしっかり思わせる,そんな作品でした.


感想 『ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル』 ミステリーも相性いいです


ミステリーも相性いいです

超人気作.

全巻から引き続きミステリー風味の展開でルールの中で同抜け道をすり抜けたのかを考える楽しみがあります.

色々な謎はそのままにして今巻で一区切りになるのは残念ですが,時系列がまた戻っていつもの面々に会えるのもまた楽しみですね.


感想 『Re:ゼロから始める異世界生活15』 絶望の先の幸せな一区切り


絶望の先の幸せな一区切り

ヒロインが過去現在未来に渡る試練に挑む中各所のバトルもついにクライマックスに!

それぞれの立場と矜持を軸にぶつかり合っているのでどの場面とどっしりしていて読み応えがありました.

構成もいつもの各所の燃え上がりがキレイにラストに繋り,最後に不穏な空気を滲ませるいつもの感じでかなりしっかりまとまっています.

個性的な女性陣が見せる表情も素敵でしたが,何といっても主人公のあがき続けるカッコよさですよね.この作品の醍醐味です.

次回はまた別陣営も出てきそうなので久々のキャラクターたちに会えるのを楽しみにしたいと思います.


感想 『精霊幻想記 9』 夜会での攻防


夜会での攻防


丁寧な描写で貴族たちの社交界を描いた今巻.

空ぞれの立場の違いからくる駆け引きが見どころでした.

女性陣が誰もかしこも可愛く美人でいじらしい,それでいて芯がしっかりしています.

それでいて男性陣の中では主人公が飛び抜けて落ち着いているので勝負になりません……こういう際立たせ方もあるのかと感心しました.

最後の最後でいい感じのヒキになっているので次巻が楽しみです.


感想 『やがて恋するヴィヴィ・レイン 4』 革命か約束か


革命か約束か


民のために祭りげられた偽りの英雄と落ちた姫の邂逅.そこでは誰も彼もが人間という動物で…….

革命を指導する主人公はヒロインとの約束に突き動かされてむしろ積極的に手を汚していて,対象的に翼をもがれたヒロインはなすすべもなくただ主人公達の幸福を祈る……この切ない構図が背景にあるので他のシチュエーションもどことなく雰囲気がプラスされて良かったです.

さんざん焦らしただけに再開した二人の様子にすごくドキドキしました.

キャラクターたちのクセがいい塩梅で調整されているのでメインの道筋に集中することができました.

謎が一つ解明されましたがしかし新たな謎が増えてまだまだ本題の方も解決するべき課題が多そうです.

次回への伏線もいくつもあるので早く続きが読みたいですね.