「仲間」タグアーカイブ

感想 『ゴブリンスレイヤー 5』 かくも過酷な冒険なり


かくも過酷な冒険なり

あらすじ・内容

シリーズ累計50万部突破!
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第5弾!

「…………取り戻さないと」
「……何を、ですかな」
「すべてを。喪った物を、すべて」
ゴブリン退治から消息を絶った令嬢剣士を探して欲しい――剣の乙女の依頼を受けて、北方の雪山に向かうゴブリンスレイヤーたち一行。
しかし、襲撃される寒村、謎の礼拝堂、今回のゴブリンの群れに違和感を覚えるゴブリンスレイヤー。
「……学習した、だと?」
仲間の痛手を越えて洞窟探索を終えた一行は、あるものを見つける。
「外なる、智恵の神。覚知神……」
何者かに統率されたゴブリンの巣くう古代の砦にゴブリンスレイヤーたちが挑む!
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第5弾!

ゴブリンスレイヤー5
この世の邪悪を詰め込んだゴブリンという種族ととにかく対峙していくこのシリーズ.

冒頭からしてエグい.しかし当然だという納得感もあります.

冒険者による冒険はどれだけの敵,自分たちの作戦や準備があったとしてもリスクはゼロにできないという1巻の頃からの哲学は残しつつ,同じく原点回帰というかヒロインの一人である女神官のルーキー時代と新キャラクターを対比させることで成長も描いていましたね.

キャラクターたちは絶望的な状況でも明るくポジティブに笑顔を作っています.

その理由もしっかり描写することでそれは経験と技術に裏付けられた確固たる強さであることが読んでてありありとわかりました.

まだまだ裏ではたくさんの設定がありそうな伏線もはられていたので今後の展開も目が離せなさそうですね.


感想 『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラムー 3.超級激突』


怒涛の強者大激突

あらすじ・内容

決闘都市ギデオンの闘技場で開催されるイベント『超級激突』。人知を超えた能力を持つ<超級>同士のバトルを間近で見ることができるこの大祭に向けて、町中がお祭り騒ぎとなっていた。アルター王国決闘ランキング1位“無限連鎖”フィガロVS.黄河帝国決闘ランキング2位“応龍”迅羽。知り合いであるフィガロの応援もあり、闘技場へと足を運んでいたレイたちだが、この大祭の水面下ではある企みが進行していて――。超人気VRMMOファンタジー、大興奮の第3巻!

数十万人がプレイするオンラインゲームで陰謀やらなにやらが入り乱れるとそれはこうなるだろうという密度の物語ですね.

表の派手なイベントを中心に盛り上がる感じとは対比的に,裏の水面下の陰謀やら工作やらも同時に描かれていて楽しいです.

前回の戦闘で得られたアイテムや経験が確かに主人公の成長につながっているのもポイントですね.

後半についている別視点のサイドストーリーもグッと深く物語を理解する手助けになりました.

次巻はさらなる状況の混乱と今回地味だった主人公の活躍が描かれそうなのでそこが楽しみです.


感想 『アクセル・ワールド 21 -雪の妖精ー』 壮絶な戦い,白黒決着す


壮絶な戦い,白黒決着す

あらすじ・内容

《代々木公園地下迷宮》の女神ニュクスとの戦いを描いた劇場公開アニメブルーレイ、絶好調発売中!!

ホワイト・コスモス率いる《白のレギオン》の領土に攻め込んだスカイ・レイカーやブラッド・レパード率いる新生《黒のレギオン》。しかしそこで待ち構えていたのは、加速世界から退場したはずのバーストリンカー、オーキッド・オラクルによる心意攻撃《領土戦の無制限フィールド化》だった。謎の現象に危機感を抱いたシルバー・クロウは、メタトロンと共に最高度情報領域《ハイエスト・レベル》に移行、状況を把握しようとするが、そこに、突如新たなアバターが出現する。白のレギオン《七連矮星(セブン・ドワーフス)》の一人、スノー・フェアリー。そのF型アバターは、メタトロンとハルユキの精神的接続を断たんと攻撃を仕掛けてくる。一方、《無制限フィールド(ミーン・レベル)》のスカイ・レイカーたちは、白が仕掛けた死の《罠》――《無限PK》による加速世界からの一斉退場――に嵌まりつつあった。窮地に立たされた仲間たちを救うべく、ついに黒雪姫とニコが駆けつける――!

どんでんにつぐどんでん返しと伏線のオンパレード.

伏線も追加されては回収されて目まぐるしく変わる状況にハラハラしっぱなしです.

とんでもなく綿密に練られた罠を知恵と勇気で突破する快感とまだまだ底を見せない敵の計り知れなさが見事に調和する構成も素晴らしい.

どんな状況でも前に進んでいこうとするキャラクター達見てるとアツくなりますし少し等身大で人間臭いキャラからビクともしない超人じみたキャラまでいて実にいろいろな楽しみがあります.

そして最後のオチもなんともワクワクする終わり方.今から楽しみでしょうがありませんよ!


感想 『アクセル・ワールド 19』 絆が集まり,総和になる


絆が集まり,総和になる

あらすじ・内容

加速世界の≪果て≫――その謎に迫る!

黒雪姫が卒業してしまう前に、≪加速世界≫の果て――≪ブレイン・バースト≫のクリア条件を知るため、ハルユキはスカイ・レイカーと共に≪帝城≫へと赴いた。 絶対不可侵であるはずのそこには、何故か陽気に二人を迎える黒の剣士、グラファイト・エッジの姿が!? 困惑するハルユキだったが、≪帝城の住人≫トリリード・テトラオキサイドとも合流し、四人+1エネミー(メタトロン)で深部へと進んでいく。 そして、ハルユキはついに知る。七番星『揺光』の神器≪ザ・フラクチュエーティング・ライト≫が≪帝城≫に鎮座する意味を……。 加速世界の謎を知り現実世界へと帰還したハルユキを待っていたのは、最終決戦間近の≪ネガ・ネビュラス≫へと続々集う、頼もしい仲間たちだった。 過去最大のキャラクター&アバターが登場する最新刊

次々と明かされる新事実と,そこから新たに生まれた無数の謎…….

加速世界の始まりと終わりの場所で主人公達がうけとめた様々なことが物語を一層際立った仕上がりにしていますね.

また後半の展開もアツい……続々と集まるかつての縁と絆を結んだ相手が仲間となって強大な敵に向かうシチュエーションはまさに求めていたものです!
しかし男女比が……笑

一人ひとりが傷を抱えつつもたしかに前に進んでいく.そんな力強いアクセル・ワールドらしい巻でした.

次回からいよいよ決戦なのでどんな展開を迎えるのか楽しみです.


感想 『ゴブリンスレイヤー 4』 箸休めな十編


箸休めな十編

あらすじ・内容

「このライトノベルがすごい!2017」文庫新作ランキング1位! 文庫ランキング第5位!

「ゴブリンよりは、よほど危険だ。だが魔神どもとは比べるべくもない」
国王署名入りの依頼「悪魔の塔」の討伐に重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの三人が挑む――。
「ね、ぶらぶらしよっか」
ゴブリンスレイヤーのいない休日、牛飼娘は女神官と街を散策する――。
「見てなさい。私が世界の一つ二つ、救ってあげるから!」
妖精弓手は冒険のない日、受付嬢の提案で、聖騎士を演じる――。
「森人と一緒に冒険に行けぇ?」
種族を超えた共闘、これは彼と出会う前の三人の冒険――。
辺境の街で紡がれる、十の物語。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第4弾!

名前も出てこないのにたしかに個性を放っているキャラクターたちが一人一人出てきては人生を垣間見させてくれるような,そんな気持ちになる巻でした.

どのキャラも癖があるので名前がなくてもしっかりと息遣いを感じてすごいです.

心の動きが鮮明なのでときに凄惨だしときにほっこりするしで読んでいて飽きない作りになってます.

ただナンバリングタイトルなのに時系列的には2.5巻とも言うべき感だったのが残念でした.

恋模様や主人公のブレなさの面白さは健在なので楽しく物語が進展することを期待しています.


感想 『セブンスターズの印刻使い 2』 天災ロリ強襲!


天災ロリ強襲!

あらすじ・内容

学園迷宮の攻略後、アスタの下に、かつての仲間である《七星 旅団》の七番目《天災》メロ=メテオヴェルヌが来訪する。一流の冒険者として未だ活躍している彼女だが、家に転がり込んできた時には無一文。彼女がいるこ とでお金が心もとなくなったアスタは、高額のバイト料につられて郊外のダンジョンへ、メロと共に赴くことになったのだった――。

image

あいもかわらずキャラよし設定よしテンポよしの好印象.

新キャラのロリやお姉さんや生意気ガールも素敵でした.

また前巻が前哨戦と言わんばかりの世界の広がりを感じましたのでわくわくが加速しました.

特に良かったのがダンジョンのシーン.この作品の醍醐味ですね.

パーティを組んで進み,不意打ちやアシストなど,どんどんこれからもダンジョンシーンを増やして欲しいところです.

世界の秘密の一端が見え隠れする中,どうやって主人公達が立ち向かうのか.楽しみですね.


感想 『灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹』 新しい世界 それぞれの居場所


新しい世界.それぞれの居場所.

あらすじ・内容

異界をさまようチームハルヒロ、過去最大のピンチ!?

『黄昏世界』から脱出したハルヒロたちは、グリムガルとも異 なる『太陽の昇らない世界』にへと足を踏み入れた。なんの情報もないまま、それでも仲間を率いるハルヒロ。幸いなことに、異界の住民たちが住み着く村を発 見し、ひとまずの安全を確保できたものの、過酷な環境に問題は山積みだった。更に最も必要とする「グリムガルに帰る方法」はまだ手がかりさえも見つからな い。
自分たちは帰ることができるのか、そして時たま頭をよぎる本当に『帰る』場所は違うところなのでは、という感覚。様々な想いを胸に抱きつつ、ハルヒロたちは、異界の探索を進めていく。灰の中をさまよい、行き着く先には――

image

手探りで進んでいく冒険と仲間とのリアルなやり取りが今回も最高にキマってました.

また世界の広がりとそこに確かにある存在たちがしっかりと自分を主張している様がありありと畫かれているので,緊張感が途切れないのも大きな魅力になっています.

危機に次ぐ危機を主人公達が一つ一つ知恵と魂を絞りながら駆け抜ける様は自然とこちらも手に汗握ってしまいましたね.

一冊に詰めた濃い話に大満足しながらも,更に更にと渇望してしまう,そんな魅力が詰まった巻だと思います.