「異世界召喚」タグアーカイブ

感想 『レジェンド・オブ・イシュリーン 5』 それぞれの背負う道


それぞれの背負う道


いよいよ本格化する国を守るための攻勢.

各地で巻き起こる戦いに恋に裏切りにと混乱した状況を作り出す主人公達.

キャラクターが魅力的だからこそ失われたときの輝きも尊いですね.

余韻の作り方が良くてあっさりしているところも良い意味で想像力を掻き立てられました.

国と個人がそれぞれできることと変わっていく関係性の中の確かな絆にスポットが当たっていて見ていてやきもきしたり感動したりするのも良かったです.

いよいよ全面衝突が待ってそうな次巻,綺麗なクライマックスが見れることを期待しています.


感想 『異世界料理道 12』 矜持のたまもの


矜持のたまもの


誘拐されていた主人公.

無事に戻るやいなや大きなうねりにまた絡まれてしまうっていう感じの展開です.

今巻でヒロインたちとその他のキャラクター達の関係が少しずつ変化しながら,より密なやり取りがされるのが印象的で,むしろ関係値がいっきにすすまないのがもどかしくもあり楽しくもあります.

いろいろな縁が結ばれながらも肝心なところでトラブルや壁があり,そこを一つ一つ着実にゆっくり超えていくさまがこの作品の醍醐味ですね.

前巻のロリキャラがかなりお気に入りなので次巻また出てきそうなのが楽しみです.

美味しそうな新料理も披露しつつ全体的なバリエーションが増えてきたのでメリハリある料理にも期待です.
新食材を開拓していく楽しさも健在です.


感想 『レジェンド・オブ・イシュリーン 4』 存在意義と葛藤


存在意義と葛藤


各国陰謀入り乱れる中で順調に思われた主人公達ですがとんでもないところからとんでもない方向で真実が一つ暴かれることで一人の人間が存在意義を揺るがされもがき苦しみそこから立ち上がるところが読めます.

前巻までどこか人間味が足りなかった一部のキャラクターたちにエンジンがかかり,ヒロインも含めてとても生き生きとしていた印象が強いです.

主人公の葛藤はスケールこそ大きいもののどこか等身大に感じられるものでした.
超人的な思考をしつつ人間臭さを残す演出がうまいですね.

状況が逼迫する中敵も味方も関係なしにまだまだ様々な思惑が入り乱れているので,世界の真実と向かい合いつつ主人公とヒロインがどのような結論を選び取るのかを見守っていこうかなと思います.


感想 『異世界魔法は遅れてる! 8』 解釈の戦い


解釈の戦い


とんでも技術ととんでも魔法の応酬でまれに見るど派手な展開になりました.

未知の技術や神秘が出てきたときに解明して解釈して対抗する独特の戦闘スタイルが見せ場でしょうか.

あと水着回なのですがこの作品において色恋要素がほとんどないというか強く出してないので純粋なサービスといった印象.

次回から異世界から飛び出して現代編ということで裾野がグッと広がります.

どんな展開を見せるのか予想がつきませんね.


感想 『Re:ゼロから始める異世界生活 14』 過去との邂逅


過去との邂逅


それぞれの過去を具体的に描くことでそれぞれのキャラクターが抱えているものの大切さだったり,妄執だったりなところが浮き彫りになった巻でした.

お話的にも強大な力を持った新キャラがバンバン出てきてど派手で面白かったし,面と向かっても舌戦も見どころです.

この作品って助走がとてもうまくてクライマックス間近のお膳立てがこの巻でようやく揃うこともあり,盛り上がりがすごかったです.

過去と邂逅した今,次は現在と未来がどう描かれていくのか.楽しみですね.


感想 『レジェンド・オブ・イシュリーン 3』


目まぐるしく変わる戦場


緻密な策略とそれぞれの思惑が組み合わさることでとんでもない化学反応になります.

細かい機微や人を手のひらの上でいかに踊らせるかみたいなところを地で行くような描写の細かさにスケール感が合わさってものすごい豪快かつ繊細な作品になっています.すごい.

1巻の頃の主人公の頼りない感じはなりを潜めていて軍師として恐ろしいレベルになってます.

戦場も目まぐるしく変化していますが,そこでうごめいている人に注目したいですね.誰も彼もときに利己的でときに信心深く,敵やときに味方まで出し抜こうとします.そこがいいんですよね.

ヒロインがやけに乙女になったり,対抗馬はイジイジしていたりと恋愛面も気になります.

今後もまだまだ物語がスケールアップしそうなのでそこを考えつつ,物語を構成する人物たちそれぞれの思惑による掻き乱しにも期待したいと思います.


感想 『精霊幻想記 8.追憶の彼方』 激闘その後、それぞれの思い出


激闘その後、それぞれの思い出


ググっと進行した前巻とは対象的にそれぞれの過去の精算を行った巻になりました.

かつての学院組もそれぞれの過去に縛られていて,他のヒロインたちの過去もしっかりフォーカスが当たってそれぞれが悩みながらも進んでいる様子が描かれていましたね.

バトル控えめでそれぞれの心情にスポットライトが当たった展開なので少し物足りないですが箸休み回としてはかなり満足です.

敵も次の巻からは動き出しそうですし,また大物の新キャラが登場しそうなので色々事態が動いていきそうです.

後半の展開も怒涛でいいところで毎回終わってますね.続きが気になります.


『レジェンド・オブ・イシュリーン 2』 成長に次ぐ成長


成長に次ぐ成長


内戦の思わぬ終結と犠牲.

外敵の影も忍びより,いよいよ混沌としてきた戦況に主人公とヒロインがどうやって相対していくのか……といったところが見どころでした.

1巻と違い主人公が見違えるほど化けてなんだこの歴戦の軍師はと思わずうなりました

いちいち人間模様や陰謀や組織の軋轢やらが泥臭くリアルなのが今作の魅力になってます.

ヒロインが凛々しいのにたまに可愛くなるのもポイント.

諜報に長けたもう一人のヒロインも次回から本格的に活動していきそうなのでそこの恋模様にも注目したいですね.


感想 『レジェンド・オブ・イシュリーン 1』 居場所を取り戻す物語


居場所を取り戻す物語

異世界召喚からの戦争巻き込まれからの陰謀巻き込まれという正統派異世界召喚戦記モノです.

前世の知識は全然生かさず位置から勉強していくスタイルはどぎまぎするもののそれなりの緊張感と迫力の演出が良い味を出しています.

ヒロインのメリハリがもう少し欲しかったところですが,少女のようなときと凛とした時のギャップを今後出してくれたら魅力的だなぁと思おました.

外敵と内敵が政治的にも武力的にも様々な問題をもたらしそうでまだほんの序章という印象です.

ただもともと居場所が現代になかった主人公が経験を通して成長していくところがしっかりとした印象を作品全体に与えているので続きが楽しみです.


感想 『この世界がゲームだと俺だけが知っている 2』


バグで育むこころ


とんでもない理不尽を乗り切るのが魅力のこの作品,今回も思わずほう経験が生きたなと言いたくなる展開が目白押しです.

新ヒロインは存在そのものがバグから生まれたというひどい感じですが無表情ながらもどこか魅力的で可愛く感じるから不思議です.

前巻のキャラもしっかり出てきてストーリーに絡むので満足感高いです.もっと活躍してほしい.

そして過去のストーリーの焼き直しのシナリオが素晴らしい.

ゲームは経験が命ですね……次回も波乱の展開を希望します.