「勇者」タグアーカイブ

感想 『精霊幻想記 6.逢魔の前奏曲』  逃避行の先に英雄道


逃避行の先に英雄道

あらすじ・内容

大貴族との望まぬ政略結婚から無事にセリアを救出したリオは、物資の補給と当初の目的であった【勇者召喚】についての情報を集めるべく、大都市アマンドを訪れる。その最中「父親に自分の無事を伝えたい」というセリアの願いを叶えるため、リオはクレール伯爵邸への潜入を試みることに! 一方、セリアの結婚式に出席していた貴族令嬢リーゼロッテは、拠点であるアマンドへ戻る途中、ベルトラム王国の勇者・坂田や王女フローラらと予期せぬトラブルに巻き込まれてしまい!?

見事な花嫁強奪からあけて今度は本筋の冒険へ.

情報収集とともに世界の広がりを見せるやいなやかつてのキャラクターたちや新キャラクターのオンパレードと豪華な巻になりました.

各キャラクターにしっかり見せ場を作ることもさることながら,見せ場のときの他のキャラクターの動きがしっくりくるのでそれがまた魅力を引き出しています.

展開がどれもテンションが上がるものが多く,またお約束の中にもこの作品らしい仕掛けやユーモアがあるので飽きさせませんね.

陰謀や様々なキャラクターの思惑がうごめく中,ものすごく楽しみな要素もたくさんあったので,早く読みたくて待ち遠しいです.


感想 『異世界魔法は遅れてる! 7』 開陳の次は提示


開陳の次は提示

あらすじ・内容

最強の現代魔術師 VS 最強の中二病!?

親友の英傑召喚に巻き込まれ、異世界に転移した現代の魔術師・八鍵水明(やかぎすいめい)。幼なじみの朽葉初美(くちばはつみ)を襲う普遍の使徒との邂逅を果たした水明は、ネルフェリア帝国にて遮那黎二(しゃなれいじ)と合流し、二人で覚醒した安濃瑞樹(あのうみずき)――否、九天聖王イオ・クザミに頭を悩ませる。次いで知らされた、魔族による帝国への襲撃。参陣しようとする水明だったが、帝国十二優傑に難色を示されてしまう。リリアナ、イオ・クザミと共にやむなく模擬戦を行うも、なんなく力を認めさせ、魔族を迎え撃つ水明だったが、そこへまたもや普遍の使徒(ウニベルシタス)が姿を現し……!?
異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、炉心を灯す第7巻!

もとの世界が異世界を静かに侵食しているジリジリ感ご示された今巻でした.

立場も違えば信念も違う組織及び個人がそれぞれの想いをガソリンにしてこれよとばかりに活躍する色々動いた展開でしたね.

殴り合いの肉弾戦もいいんですがこの理屈のこねりあいというか,わがままな方が勝つみたいな戦闘描写のアイデンティティーが強くてかなり読んでて楽しいです.

過去の因縁も追いかけてきていよいよ混迷が極まってきた世界を主人公達がどうやって工夫しながら突き進んでいくのかこれからも楽しみですね.


感想 『黒の召喚士 1』 古今東西気苦労の絶えない召喚士


古今東西気苦労の絶えない召喚士

あらすじ・内容

この男――戦闘狂にして最強!!!
クセになる爽快感! 痛快“成り上がり”バトルファンタジー

見 知らぬ場所で目を覚ました男には、ここがどこなのか、自分が誰なのか、全く記憶がなかった。ガイド役に尋ねてみると、異世界へ転生する権利を得た自分が、 前世の記憶をすべて引き換えにしてレアスキルを獲得、“召喚士ケルヴィン”として転生を果たしたらしい。しかも、この世界の女神メルフィーナまで配下に従 えており――!?
そして、始まる冒険者ライフ。『古城の悪霊騎士』『潜窟の悪魔』――次々に現れる強敵を前に自然とこぼれる笑みは、まさにバトルジャンキーの証だった!!
黒のローブを身に纏った重度のバトルジャンキーが、仲間と共に“英雄”へと成り上がる爽快バトルストーリー、堂々の開幕!!

戦っては仲間を増やし,ワイワイやっていくスタイル,嫌いではないです.

戦闘描写もしっかりしているしヒロインたちも可愛いです.

ただやはりスキル性の世界観だとそのスキルそのものがわちゃわちゃしてしまって頭に入ってこないですね……いろいろ気にしてしまうとダメかもしれません.

ジェラールという騎士の幽霊?がお気に入りです.もっと見せ場があってもいいかと.

今後はどんなモンスターやキャラクターが出てくるのかというところにも注目したいですね.


感想 『超飽和セカンドブレイヴズ』 超飽和する勇気と常識


超飽和する勇気と常識

あらすじ・内容

罪を背負った勇者失格の少年が、それでも真の勇者を目指すブレイヴパンク・ファンタジー!

始祖勇者と魔王の戦いから幾星霜。いまや、全人類に「勇者因 子」が行き渡り、人々が洩れなく勇者化して、職業的勇者──「セイヴズ」と呼ばれる「プロ」たちが世に溢れ返る、そんな勇者飽和時代。 にも拘わらず、自 らを「勇者因子を持たない例外」と嘯く少年、草壁ジョウは、ある夏の日、重い決意を胸に大都市スプリーヴィルの土を踏む。「セイヴズの聖地」と謳われるこ の街で、今度こそ「プロ勇者になる」という幼き日の夢に、諦めの踏ん切りをつけるために……。 しかし、そんなジョウの前に現れたのは、弱冠十四歳にして 現役のプロ勇者〈プリマステラ〉。「世界勇者協会」からジョウの世話役に任じられたという彼女は、なぜか事あるごとジョウを「お兄ちゃん」呼ばわりするワ ケありのチョロインで!? マギテク万能が隆盛を極め、有象も無象も勇者化した近未来的異世界で、互いに迷いを抱えた少年と少女は、それでも真の勇者を目 指す! 挫折と栄光のブレイヴパンク・ファンタジー!

image

始終パンクな物語の運びで一本芯が通った展開という印象です.

主人公がいい感じにアツい感じで,ヒロインが綺麗にクールにアシストできる感じのバランスがいい塩梅です.

敵も一筋縄ではいかないというか,しっかり物事を考えて自分たちなりの正義をかざしてくるあたりもぶつかり合いをここまでかというくらい演出していますし,見事な飽和状態な雰囲気を作り出しています.

次はまさかの学園編ということでまたもやいろいろと面白いことが起こりそうで楽しみなんですが,主人公がバカっぽく見えるところも多々あるので成長に期待しています!


感想 『勇者と魔王が電撃同盟! キッカケは、お互いの恋を応援するため!?』


恋愛同盟でいちゃいちゃ.

あらすじ・内容

魔王の側近に惚れた勇者、勇者の仲間に恋した魔王――はたしてどうなる!?

勇者と魔王の最終決戦――だというのに、勇者が魔王の側近に一目惚れ!? さらに魔王も勇者の親友に惚れちゃって――世界の命運を握る2人が、好きな人と一緒にいたくて同盟を結ぶ、前代未聞のクロスラブコメディ!

image

クロスラブコメとは言えて妙で,割と複雑な恋模様をシンプルでさっくり読めるものに仕上げていて好印象です.

ただその影響なのか全体的にお話のスジが軽い印象になっているのでスパイス的なシリアス要素を求めている人には肩透かしになります.

キャラクターはハチャメチャでかなりかわいいので生き生きとしていて愛でたい感じです.

恋愛模様で波乱がまたガンガン起きそうなのでそこがどう転ぶかが今後の見どころではないでしょうか.


感想 『異界神姫との再契約 2』 再構築ファンタジー


2姫目も一筋縄では行かない再構築ファンタジー.

あらすじ・内容

極上の武器≪ヒロイン≫を魅せてやるよ――

「お断りだ」 次なる神魔――ゼスカを求めて北方へと向かっ たトーイだったが、現在では商会当主として活動する彼女には取り付く島もなかった。やがてゼスカの商会と反乱軍の関係が判明し、トーイは神魔と帝国の間に 立たされるが――そんな折、かつての戦友との再会を果たす。「俺は一度、てめえと闘り合いたえと思ってたんだよ」 滅びた里の『勇者』であり、かつては戦 友として背中を預けた青年。英雄と勇者の邂逅は、果たして世界になにをもたらすのか。変わりゆくものへの愛を問う二周目異世界ファンタジー、第2弾も戦っ て口説いて惚れさせる!!

image

これ完全に浮気したあとの夫の再構築話を壮大なファンタジーでラッピングに成功していますね.

英雄に並び立つ存在として勇者が出てきたり,別の異世界召喚のキャラクターが出てきたりと,対比が印象的な巻でした.

ヒロインが毎回別のタイプで可愛いのが素晴らしいのですが外堀の脇キャラもしっかりいい味出てて心地良いですね.

あとは読者がイラッとくる名悪役がいればいいのですが……それは次回以降に期待します.


感想 『ここは異世界コンビニ デモン・イレブン』 コンビニあるある×異世界×ほっこり


コンビニあるある×異世界×ほっこり.

あらすじ・内容

異世界ワーキングコメディ開店!

異世界に転移してしまったコンビニ、デモン・イレブン。店内で食べ物を奪い合う王たちや、立ち読みに執念を燃やす勇者、深夜に孤独なグルメを始める魔王などを相手に今日も、高校生アルバイトたちは奮闘する!

image

一貫してギャグや突飛な展開で笑わせつつ,最後はほっこりで締める見事な手腕.

コンビニならではの要素と異世界のエッセンスが見事に化学反応して独特な雰囲気と明るさを演出しています.

またキャラクターが一クセも二クセもあって見ていて飽きないのと,前作から続くやるときはやる系ツッコミ主人公が小気味よいテンポでやり取りしているので気持ち良く読めました.

まだ掘り下げていないキャラも多いのでしっかり続いてくれると嬉しいですね.


感想 『異世界魔法は遅れてる! 5』 様々の思惑と新たな脅威


様々の思惑と新たな脅威がこだまする本格魔術戦ファンタジー!

あらすじ・内容

最強の現代魔術師 vs 最強の現代剣士!?

リリアナを救い、元の世界に戻る手がかりを探すため、サーディアス連合領に向かった水明一行。
そこで水明は、幼なじみの朽葉初美(くちば・はつみ)を発見する。なぜ彼女がこの世界に召喚されているのか。
声をかけるものの、彼女は水明のことをまったく覚えていないという。どうやら彼女は召喚時のショックで記憶を失っているらしい。水明は彼女の記憶を取り戻すため、接触の機会をうかがうことに。
一方、黎二たちもまた、勇者が使ったといわれる「伝説の武具」なるものを引き取りに帝国から旅立つことに。
その旅に同行しようと現れたのは、意外な人物で――!?
異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、第5巻!

image

キャラクター一人ひとりの主義と生き様が芯が通ってて心地良いし,主人公がユーモアあってニヒルでかっこよくて強いのが素晴らしい.

ハーレム色が前巻からの流れで強まっているものの全然気にならずむしろ微笑ましかった.

そして投入された日本刀剣術従兄妹な幼馴染……無敵ですねこれは.

ただの俺つえーだけでなく敵や新たな謎や伏線が散りばめられてワクワクしました.

またバトルも迫力あるので,今回のヒキの続きが早く読みたいですね.


感想 『俺が魔族軍で出世して、魔王の(娘の)心を射止める話 4』


綺麗に終わった前巻から一転,怒涛の新展開のあった巻になりました.

あらすじ・内容

「マヤを、陛下と呼ぶな!」「魔王の娘」から「魔王」へ!で も、マヤ様の乙女心は変わらない!?苦労多きナオヤは新たな戦いへ!シリーズ累計4万部突破の人気「成り上がりファンタジー」新章突入!【あらすじ】日本 から異世界に戻ったナオヤは戦士将に復帰する。マヤも正式に魔王陛下に就任し、新たな治世が築かれようとしていた。そんな平和が訪れたと思ったのも束の 間、ルクレシオン帝国軍が侵攻を開始。ナオヤは彼らを迎え撃つべく、新たな部隊を再編するが、そこは一癖も二癖もある奴らばかりで、すんなりとはいかな い。魔王として帝都に残るべきマヤまで遠征に同行すると言い出す始末。同時に、裏では新たな勢力が動き始めたばかりか、そのうちの一人はどうやらナオヤと 同じような立場のようで……。成り上がっても、まだまだ道半ば。苦労多きナオヤの未来は!?成り上がりファンタジー新章突入!書き下ろし「番外編」収録!

image

異世界召喚モノでありながら,他にも複数の世界存在していることは示唆されていましたが,それをメインのお話に盛り込んできたといった感じでしょうか.

気になった点として,新キャラ達はいきいきとしているのですが,以前からいるキャラについてはその分少し薄くなってしまったなという印象です.

相変わらず等身大さを維持している主人公に好感が持てますが,その分周りとの関係性のギャップあるやり取りを楽しむのがこの作品のツボだと思いました.


感想 『放浪勇者は金貨と踊る 2』 すっきり爽快の騙し合いファンタジー


サクッと読めてすっきり爽快の騙し合いファンタジー第二弾.

あらすじ・内容

詐欺師を騙す元勇者の、次なる敵は――元仲間!?

魔王を打倒して平和になった世界では、詐欺師がはびこっていた。悪辣な詐欺師を騙し返し、金を取り戻してやる冒険者ヨルは、なんと実は元勇者で……そして、ヨルは元仲間であるシャノワールと再び対峙することに!?

image

今回も契約書ないし契約自体の穴をついての騙し合いや,ちょっとしたバトル,過去の因縁などこの作品らしさご詰まった1巻でした.

勇者が守るべきものについて驚くべき泥臭さで描いているのがミソですよね.

しかしこんなに面白いのに今回で終わりですか……
非常に残念です.

勇者様とお人好しな面々は今日も何処かで,がめつい商人と騙し騙されの攻防をしているのでしょうと想像しつつ,この作品へ思いを馳せたいと思います.