なぜライトノベルが馬鹿にされるのか? なぜライトノベルは擁護されているのか?


俄に盛り上がる界隈での何故ライトノベルがバカにされるのか?問題にありとあらゆる武器で切り込むラノベクラスタたち.

私も尻馬に乗ってどの記事にもリンクを送らずに好き勝手エントリ書きますが,とりあえず色々思い出したものをひとつ.

 


 ■そもそも小説(の形態をとっているエンターテイメント)を正当に馬鹿にするコト自体の難易度は高い

 

曲矢さんのエア彼氏 3 (ガガガ文庫)

実際ヲタクコンテンツの中でも屈指の叩きづらさを誇るのが小説を媒体とする作品だと思います.

なんでかというと,他の形態と比べて,内容を楽しむには個人の教養やら知識やら想像力やらがモロにフル動員されるからです.

わかりやすく図にすると以下のようになります

ピラミッド小説漫画 2

小説には独特な「行間を読む」という作業が発生し,結果的に大なり小なりの色々な”解釈”を生みます.

なのでその構造上,同じ小説に対して叩いている人と擁護する人が同時に発生すること自体は実は当たり前なのです.

先ほど叩く難易度が高いと言ったのは実は語弊があって,正確には

しっかり読んだあと,皆が納得する理由で叩く難易度が高い」のであり,

結果的によく噛み砕かずに特に推敲もしてない,そもそもほんとに読んだのかも疑わしい(というより読んでない)感想や先入観が蔓延する意見が沢山出てしまう土壌が元々あるのです.

 

認めましょう.

小説を真面目に楽しんで,わいわい批評すること自体,

実際結構ハードルは高いのです!

(他のエンタメと比べて。)

 

しかしここで改めてライトノベルにフォーカスを当てましょう.

そうです.ライトノベルこそが,

そのハードルを下げる工夫を絶えず行い続けた,

一つの”商売形態”なのです!

 

 

例えばラノベには他の小説エンタメには無い要素があります.

とても大事なものですよ.

そう,

キャラの表紙,カラー口絵,挿絵です.

 

 


 ■想像力,妄想力を力技で補強するイラストの力

 

7秒後の酒多さんと、俺。(4) (ファミ通文庫)

 

雨の日のアイリス (電撃文庫)

 

このイラストの力についてはラノベ読者なら当然容易に実感するところでしょう.

演出として迂遠で曖昧な情景や描写も一気に補強するその威力は

我々読者の理解を強制します.

 

ガガガ文庫 王子降臨2 王子再臨(イラスト完全版)

 

その結果,別に内容を読まなくてもヒロインの可愛さやテイストを確認できるし,

読者同士でも流石にキャラクターの容姿に解釈のズレはなくなるし,

キャラについては比較的語らいやすいですよね.

 

 


 ■長文タイトルはテレビ欄

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が出た当初は単純にあの「十三番目のアリス」の伏見つかさ先生がなんか長ったらしい作品を出したとしか思わなかったですが,

その後メキメキと売れてそれ以降の長文タイトルの隆盛に一役買ったのは間違いありませんね.

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

 

長文タイトルも新聞のテレビ欄と言ったのは賀東先生でしたか.

つまりは実際の鑑賞前の理解のため.

これもハードルを低くする工夫です.

 

 


 ■フォント芸も特殊配置イラストもテーブル図だってみんな工夫

 

194268146.v1387457546

― GA文庫『のうりん』 挿絵より

 

「のうりん」が我々読者に与えた衝撃は大きいですね.
元々フォントを大きくしたり,太字にしたりする作品はありましたが,

作為的なイラスト配置,フォントをいじるタイミングなど,特に工夫が読者にも明確に伝わる「のうりん」は最高にエキサイティングでしたね.

また去年話題になった「僕は友達が少ない」のテーブルの見取り図の挿入も記憶に新しいですね.

20140607232101

これについても色々と議論が紛糾しましたが,まぁそれはともあれ私が言いたいのは,

結果的に概ね目的が分かりやすい工夫は,ハードルを下げるということです。

 

 


 ■忘れちゃいけないメディアミックス

 

mahosen

 

メディアミックスとラノベは相性がいいです.

一番最初に貼った図を思い出してみてください.

ピラミッド小説漫画 2

小説媒体の原作は非常に多岐にわたる解釈を生みます.

すなわちそれだけ,読者の認識のズレを許容する土台が有るということです.

メディアミックスによって多チャンネルで広がっていけばより多くの人の目に触れる機会も増え,

さらに自分が触れたチャンネルを通してそのコンテンツを消費する上で,

”小説が原作である”ことそのものが作品を楽しむハードルを下げる.

しにがみのバラッド。(実写ドラマ) 全6巻セット [レンタル落ち] [DVD]

魔法少女を忘れない [DVD]

オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 


 ■まとめ

 

ライトノベルは何故馬鹿にされるのか?

 

それは普通に考えたら真面目に馬鹿にするのには

(読者同士の想像の介在余地が大きすぎて議論が基本的には発散してしまうほど)

ハードルが高い小説媒体なのに,

ハードル下げて色んな人にわかりやすくして,工夫した結果

簡単に気軽に馬鹿にされるほど台頭したからです.きっと.

 

 

ライトノベルは何故擁護されるのか?

 

それは普通に考えたら真面目に真っ向勝負で擁護するのには

(知らなきゃいけない事が多すぎて)

ハードルが高い小説媒体なのに,

ハードル下げて色んな人にわかりやすくして,工夫した結果

簡単に気軽に擁護できるほど愛されてしまったからです.きっと.

 

 

消えちゃえばいいのに (富士見ファンタジア文庫)

キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)

 

ここいらで筆置きます.

リココ


サングリア2 -In the Dracuria earth-


この作品に全力中二バトルを期待するのは明確に間違ってますね.

image

人間と吸血鬼のカンケイを人間を一人しか出さずに表現しているのが相変わらずすごい.
過去の因縁と生き生きとしたキャラクターが見事にマッチして恐ろしく魅力をかきたててます.
特に敵だろうと全く憎めない感じになっているのが素晴らしいですね.
あとボクらのブランちゃんが大活躍してて大満足.
幸せになってもらいたい.


終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 2 感想


今回も冴え渡る終末感が大満足.

image

大いなる過去を抱えて苦悩する主人公と,あっけない未来を抱えて葛藤する少女たちの対比がまず素晴らしい.
1巻の時の迫力のあるバトルこそ少ないものの,ずっしりと残る後味が本当に良かった.
3巻出なかったら泣きます.


放課後アポカプス 感想


等身大を突き詰めた結果の主人公という感じ.

image

根底の謎というか仕掛けというのにはそれなりにヒントがあって気付かせる仕掛けが中々見事だと思った.リアルな心情だと主人公に同情するんだけど,実際は違和感が少し勝つ感じです.どれだけアポカリプスな要素が今後演出できるかが今後の鍵になるんじゃないかと思いますね.


断末のミレニヲン I 感想


過激て残虐で濃密で暗黒系.その煽りに恥じぬ一品でした.

image

ファンタジーでゾンビモノって初めて読みましたがこんなに親和性高いとは.
とりあえず何人かは(どういうカタチかはわかりませんが笑)今回退場したとしてもまた出てきそうですし,ファンタジーの定番とゾンビモノの定番が今後も見事に調和してくれることを期待しています!


無能力者のオービット・ゲーム 2 感想


今回も大満足のエンターテイメント! 二巻目でロリ追加ってもはや業界のトレンドなのかもしれませんね.

image

様々な異能をしっかりアレンジしてバトルの工夫に取り組む描写が心地よいのと,スポーツと命のやり取りのギリギリがよく書けていると思います.さらに,SFらしくスケールの大きい問題なり,陰謀なりがどんどん出てきて盛り上がって欲しいですね.
ただ,主人公が宇宙人にしか思えなくなってしまった.女性の好意を悟っていろいろいじわるをすると朴念仁の対極なんだけど,度が過ぎると一気に等身大っぽさが失われて宇宙人でした.


バグゲーブレイカー! 感想


設定とかかなり好きなんですがなぜかまったり読みになってしまいました.

image

思ったよりもバグ技のキレが刺さらなかったからか,もしくはキャラ付けが若干甘いと感じてしまったからかも.
割と最近にバグ利用系のお話を読んでいたから比べてしまったのかも.

いずれにしろ続巻でもっとキレッキレのクソゲーとバグゲーを期待しております.


異界の軍師の救国奇譚 2 感想


1巻よりも地に足ついている印象ですが,序盤少し平坦だぅた印象.

image

主人公の現代知識がメインの武器なんですがキャラ付け以上にポンポン出てくるのが違和感なのかも.ヒロインは可愛いけどうざかわいいの領域に入ってきて今後どう発展するかも見どころですね.


ライフアライヴ! 2 感想


素晴らしい.こんなにサクッと読めるのに青春のキュンキュンする盛り上がりがまさしく盛りだくさんでまたもや大満足の続刊.

image

前巻に引き続き,劇場型恋愛の真骨頂を楽しめましたがラスボスであるヒロインの更なる掘り下げ,陣営のさらなるゲス増しを求めてやみません!
ラブコメモノの【恋心に気づくシーン】って大好物なんですよ.


クロニクル・レギオン 感想


かなりの濃い作品を創刊にぶつけてきたなと感心しました.

image

可憐なヒロインとのハイカラなやり取り,最高にニヒルな憎めない主人公,巨人軍団のぶつかり合うスケールの大きなバトル.

それでいて緻密な設定たちが織り成す外連味たっぷりな世界観.どれをとってもかなりの高いレベルでまとまっていると感じました.

まだまだ始まったばかりの快進撃,今後も魅力的なキャラがバンバン出てきて盛り上げていただきたいですね!


ライトノベルやら技術などの情報を提供!