「皇女」タグアーカイブ

感想 『レジェンド・オブ・イシュリーン 4』 存在意義と葛藤


存在意義と葛藤


各国陰謀入り乱れる中で順調に思われた主人公達ですがとんでもないところからとんでもない方向で真実が一つ暴かれることで一人の人間が存在意義を揺るがされもがき苦しみそこから立ち上がるところが読めます.

前巻までどこか人間味が足りなかった一部のキャラクターたちにエンジンがかかり,ヒロインも含めてとても生き生きとしていた印象が強いです.

主人公の葛藤はスケールこそ大きいもののどこか等身大に感じられるものでした.
超人的な思考をしつつ人間臭さを残す演出がうまいですね.

状況が逼迫する中敵も味方も関係なしにまだまだ様々な思惑が入り乱れているので,世界の真実と向かい合いつつ主人公とヒロインがどのような結論を選び取るのかを見守っていこうかなと思います.


感想 『クロニクル・レギオン 6 覇権のゆくえ』


群雄割拠,ただではやられぬ!


ますます混沌と情勢が変化していく偉人系ロボットバトル現代戦記……もはやジャンルがわかりません.

照姫ちゃんという最高の愚かロリが主導した東京全域を巻き込んだ内戦バトルもいよいよクライマックス.

平将門率いる亡霊軍団もいろいろな役割をさせられて大活躍し,味方側というかいろいろなステークホルダーがところ狭しと知略と暴力で暴れまわるという豪華な巻でした.

照姫がほんと愚か可愛いくてツボです.いいぞもっとやれ.

サービスシーンもしっとり入ってしかもまさかのあのキャラも……けしからん限りです!

いよいよ最大の敵との戦いが始まるわけですがはたまた第三勢力が勃興するのか正面衝突するのか知略陰謀が入り乱れるのか……楽しみです.


感想 『我が驍勇にふるえよ天地2 〜アレクシス帝国興隆記〜』 局地戦も大決戦も映える


局地戦も大決戦も映える

あらすじ・内容

「戦は伝説伝承≪ドラマ≫で決まるのです」

第1巻が大反響につき発売直後に重版決定!!
『ワルブレ』のあわむら赤光が放つ、痛快にして本格なるファンタジー戦記です!

第2巻はますますスケールアップ!
敵も味方も魅力的なキャラクターがどんどん登場し、驍勇の舞台はさらに広がります。
いま最も熱く胸焦がす、痛快戦記をお楽しみください。

ボロロロスでの激戦を制し、吸血皇子の呼び名を名誉あるものへと変えつつあるアレクシス侯レオナート。
時を同じくして、大陸南部より憎き四公家の一角・グレンキースが挙兵したとの報せが届く。
その大軍は名だたるブレアデト“教導”傭兵団に鍛え抜かれ、まさしく精強無比。
レオ達はこの強敵を迎え討つべく南征を決意する。

だが、その先で出会ったのは、四公家の手から逃れてきた幼い姫と白銀の騎士。
二人がレオに求めた、唯一つの願いとは――?

集えよ! 誇れよ! レオナートの御旗と共にある栄光を!
痛快にして本格なるファンタジー戦記、英雄女傑入り乱れる第2弾!!

豪傑の豪傑による豪傑のための英雄譚!

反乱軍を無事に平定した主人公達を待ち受けたのはさらなる反乱と美女率いる凄腕の傭兵団.

殺し殺され,謀り謀られながらも英傑たちをひきつけてやまないカリスマの戦いが気持ちの良いくらいの大きなスケールで描かれています.

キャラクターも1巻と同じく皆ブレずに確固たる個性を放っていますし,なにより敵がいいですね!ゲスな敵や勇敢な敵などそれぞれがイキイキしていました.

大手柄を経てさらなる高みへ向かう主人公達.
その先にはまたとんでもない巨悪が待ち構えていそうなので,期待して待ちたいと思います.


感想 『クロニクル・レギオン 4』 サービスシーンとド迫力バトル!


サービスシーンとド迫力バトル!

あらすじ・内容

皇国の運命を決める(!?)波乱の学園祭、開幕!! 箱根で の決戦を制した征継(まさつぐ)たち新東海道軍は、着実に日本での存在感を増していた。だが、そんな志緒理(しおり)の躍進を好ましく思わない現女皇・照 姫(てるひめ)は、志緒理への対抗心から恐るべき復活者(リザレクト)を新たに召喚していた!! 一方、間近に迫ったミスコンに志緒理、立夏(りっか)ま でもが出場することになり、学園祭は大波乱!! さらにミスコンで征継が不在の隙をついて、大英帝国軍の獅子心王リチャード一世がついに箱根奪還に乗り出 してきて!? 列強国の思惑が入り乱れる中、皇国日本の運命を担う復活者(リザレクト)・橘(たちばな)征継は何を思う……!? 復活せし英雄たちと美少 女が繰り広げる極大ファンタジー戦記、かつてない衝撃でおくる第4巻!!

image

大迫力の巨大人形バトルはそのままに,ミスコン水着審査に温泉(男もあるよ!)にいつもの抱きしめにとサービスシーン目白押しで半端ない満足感です.

女性陣の小悪魔的な発想もドキドキしたのですが,男臭い豪快な展開も味があって素晴らしかったです.

混沌としてきた戦況に満を持して登場する日本の偉人達の数々,真骨頂はこれからといった感じでまだまだそこが見えない作品です.

歴史マニアもうなりますが何よりもしっかりとした重厚な切り口とわくわくなキャラクター達のバランスがいい感じです.次も期待!


感想 『クロニクル・レギオン 3』 このシチュエーション、燃えるしかない


正面衝突で大激戦なこのシチュエーション.燃えるしかない.

あらすじ・内容

皇国の若き志士たち、ついに歴史の表舞台に立つ! 獅子心王 リチャード一世の襲撃から辛くも駿河を守り切った征継(まさつぐ)たち。だが息つく暇もなく、大英帝国軍が東海道地方の州都・名古屋を陥落させてしまう!  壊滅状態の東海道州を立て直すため、東海道総督の座を立夏(りっか)が継承し、駿河を臨時州都とした新東海道将家が成立。さらに皇女志緒理(しおり)は 歴史の表舞台に立つため、東方ローマ帝国の大元帥カエサルをも巻き込んだ大胆な賭けに出る! ついに軍の中心に躍り出た志緒理。腹心の将として、新東海道 軍特務騎士団「新撰組」の副長に就任した征継。そしてローマが呼び寄せた謎めいた新たな復活者(リザレクト)……。 大英帝国軍指揮官・黒王子(ブラック プリンス)エドワードが本陣を構える箱根にて、ついに両陣営が全面衝突する!

image

またラブコメ路線もしっかりとそれも着々と進展していてドキドキの展開に.
特に印象的だったのが今回本格的に恋のバトルに参戦してきた立夏さんで,出遅れた自覚もありながら積極性を見せてグッと魅力が上がった気がします.

三大ヒロインのスポットライトの浴び方も素晴らしかったのですが,男連中の策略と暴力のぶつかり合いもとにかくド派手で面白かったです.

軍略のぶつかり合いと巨大兵士たちの派手なバトルが更に磨きかかって作品全体が華やいでいる印象ですね.

また作品最大の謎である主人公の招待もかなりヒントが出された印象.

盛り上がっています.


『クロニクル・レギオン 2』 感想 今巻もかなり大きなスケールで描かれていて大満足


今巻もかなり大きなスケールで描かれた半現代戦記で大満足でした!

image

一手一手の緊張感もさることながら可愛らしい女性陣に油切ったおっさん,冷静沈着な敵総大将,動じない主人公などかなりお腹いっぱいですよ.
登場人物ゆかりの展開かと思えば歴史をなぞることなくあえて崩して異種格闘させる展開も新鮮ですし,雑多な中でもキラリと光る戦略なども楽しめます.
主人公の正体がだんだんと明らかになるのも楽しみですし,今後も目が離せない作品になりそうです.


断末のミレニヲン 2 感想


二巻になってさらにどぎまぎの展開へ.

image

新キャラがどのキャラも個性的で素晴らしい.
間に挟まれる過去描写が現実の状況をさらに濃くしてくれるので目が離せないですね.

また主人公がいい.
主人公はいつまでも童貞くささを残して欲しいです.でも最後が(略

次巻への引きも特にこだわったみたいですし,とりあえずそれぞれのキャラの輝かしい?未来に期待します.


クロニクル・レギオン 感想


かなりの濃い作品を創刊にぶつけてきたなと感心しました.

image

可憐なヒロインとのハイカラなやり取り,最高にニヒルな憎めない主人公,巨人軍団のぶつかり合うスケールの大きなバトル.

それでいて緻密な設定たちが織り成す外連味たっぷりな世界観.どれをとってもかなりの高いレベルでまとまっていると感じました.

まだまだ始まったばかりの快進撃,今後も魅力的なキャラがバンバン出てきて盛り上げていただきたいですね!