「病気」タグアーカイブ

感想 『おことばですが、魔法医さま。(2) 〜異世界の魔法は強力すぎて、現代医療に取り入れざるを得ませんでした〜』


立場の違いの利点と問題点

医療と魔法の合わせ技で異世界切り開く活劇第二弾.

前回お互いの立場の違いを理解しつつも反発をしていた主人公とヒロインの距離がグッと近づいた上で波乱あり策謀ありの展開でハラハラ感が増してました.

考え方の芯が一緒なので反発しながらも同じ方向を向いて突っ走れる関係ってフィクションだと妙に映えますよね.

あとヒロインが自分の問題点を自覚しながら主人公が初めて経験する挫折への向き合い方を共有する場面が良かったです.

様々な立場がありそこに多くの違う視点が盛り込まれるのが異世界モノの醍醐味でもあるのでそこが活かせていたのがとても面白かったです.


感想 『おことばですが、魔法医さま。 〜異世界の医療は問題が多すぎて、メスを入れざるを得ませんでした〜』


誇りを胸に相対する

魔法治療と現代治療の対比でエンターテイメントになっているのはありそうでなかった視点です.

ただ前半の世界観把握(異世界のレベルの低さ把握)が少し戸惑ったのとヒロインが思ったよりも生意気ロリかわ系だったことに少し違和感がありましたが,話を読むに連れて彼女の芯にある強い想いと患者に相対する真剣さが伝わってとても好きなキャラクターになりました.

主人公は今のところ少し無味無臭なのでこれから等身大な部分の活躍にも期待したいですね.

世界にはまだまだいろいろな病気がありますので今後も楽しめそうな展開がたくさんありそうでワクワクしますね.


感想 『青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない』 未来への道筋は一つじゃない


未来への道筋は一つじゃない

あらすじ・内容

翔子のついた優しい嘘。麻衣が願った真剣な思い。咲太が選んだ答えとは――!?

「わたしはね咲太君。大好きな人には幸せになってほしいんです」初恋の人、翔子から教わった優しさ。「ふたりで幸せになるわよ」今を支えてくれる、恋人の麻衣から学んだ勇気。高校二年生の冬、今と過去を支えてくれた大切な人たちが幸せになれる未来を求め、咲太は歩み始める――。新たなる未来へ踏み出すシリーズ第7弾!

闘病少女との思い出を手にしながら悲劇に向き合う主人公.

前巻の衝撃の最後からの流れでシリアスな展開後続いて読んでいてまさにハラハラドキドキでした.

キャラクターたちもそれぞれが自分と,そして自分の大切な人の未来へ想いを張り巡らせながらも前に進む様子がジーンときますね.

そしてしばらく落ち着いていたヒロインのヒロイン力が天元突破のヒロイン状態になっていました.素晴らしい!

それぞれの手にした結末と日常がどのような展開をこれから見せていくのかを楽しみにしています.
(と言うよりこの流れで続くんですね……)