「歴史」タグアーカイブ

感想 『クロニクル・レギオン 5』 大陰謀とそれぞれの思惑


大陰謀とそれぞれの思惑

あらすじ・内容

災 厄の英雄、平将門(たいらのまさかど)復活!! 征継(まさつぐ)の記憶を取り戻すため、皇都東京への訪問を決意した志緒理(しおり)。だが、時を同じく して皇都東京では女皇照姫(じょおうてるひめ)が災厄の英雄・平将門を復活させてしまう!! 将門の率いる二千騎ものレギオン“零式(れいしき)”によ り、武力で実権を握る照姫だが、将門にはさらにおそるべき秘密が隠されていた……!! 志緒理と共に皇都入りした征継は、ついに記憶を取り戻す鍵となる人 物、神君徳川家康(しんくんとくがわいえやす)と邂逅を果たす。だが家康の放つ意外な言葉に迷いを感じて……!? いっぽう虎視眈々と巻き返しを狙うエド ワード率いる大英帝国も、ある密約をもとに次なる計画を立てていた……。 幻想と歴史がクロスする覇道戦記、混沌と激突の第五巻!!

ありとあらゆるキャラクターの思惑が交差し,反発し,同調しと盛りだくさんでお届けされた大スペクタクルなストーリー.

適度に挟まれるキャラクター同士の掛け合いという名のご褒美シーンの数々.

どれをとってみてもサービス精神が感じられて最高ですね.

ヒロインに関しても,真っ直ぐなだけじゃない,女の子の怖くて黒いところがいいバランスで描かれていて一層の魅力に感じました.

男たちの世界の表現もイイ!
豪快な奴もいれば,静かに燃えるタイプもいる……それぞれが混乱する中でチャンスをもぎ取ろうと活躍する,まさに英雄譚にふさわしい展開だったのでは無いでしょうか.

次回更に事態が加速して大戦争になるとのことで戦々恐々で楽しみにしたいと思います.


感想 『クロニクル・レギオン 4』 サービスシーンとド迫力バトル!


サービスシーンとド迫力バトル!

あらすじ・内容

皇国の運命を決める(!?)波乱の学園祭、開幕!! 箱根で の決戦を制した征継(まさつぐ)たち新東海道軍は、着実に日本での存在感を増していた。だが、そんな志緒理(しおり)の躍進を好ましく思わない現女皇・照 姫(てるひめ)は、志緒理への対抗心から恐るべき復活者(リザレクト)を新たに召喚していた!! 一方、間近に迫ったミスコンに志緒理、立夏(りっか)ま でもが出場することになり、学園祭は大波乱!! さらにミスコンで征継が不在の隙をついて、大英帝国軍の獅子心王リチャード一世がついに箱根奪還に乗り出 してきて!? 列強国の思惑が入り乱れる中、皇国日本の運命を担う復活者(リザレクト)・橘(たちばな)征継は何を思う……!? 復活せし英雄たちと美少 女が繰り広げる極大ファンタジー戦記、かつてない衝撃でおくる第4巻!!

image

大迫力の巨大人形バトルはそのままに,ミスコン水着審査に温泉(男もあるよ!)にいつもの抱きしめにとサービスシーン目白押しで半端ない満足感です.

女性陣の小悪魔的な発想もドキドキしたのですが,男臭い豪快な展開も味があって素晴らしかったです.

混沌としてきた戦況に満を持して登場する日本の偉人達の数々,真骨頂はこれからといった感じでまだまだそこが見えない作品です.

歴史マニアもうなりますが何よりもしっかりとした重厚な切り口とわくわくなキャラクター達のバランスがいい感じです.次も期待!


感想 『クロニクル・レギオン 3』 このシチュエーション、燃えるしかない


正面衝突で大激戦なこのシチュエーション.燃えるしかない.

あらすじ・内容

皇国の若き志士たち、ついに歴史の表舞台に立つ! 獅子心王 リチャード一世の襲撃から辛くも駿河を守り切った征継(まさつぐ)たち。だが息つく暇もなく、大英帝国軍が東海道地方の州都・名古屋を陥落させてしまう!  壊滅状態の東海道州を立て直すため、東海道総督の座を立夏(りっか)が継承し、駿河を臨時州都とした新東海道将家が成立。さらに皇女志緒理(しおり)は 歴史の表舞台に立つため、東方ローマ帝国の大元帥カエサルをも巻き込んだ大胆な賭けに出る! ついに軍の中心に躍り出た志緒理。腹心の将として、新東海道 軍特務騎士団「新撰組」の副長に就任した征継。そしてローマが呼び寄せた謎めいた新たな復活者(リザレクト)……。 大英帝国軍指揮官・黒王子(ブラック プリンス)エドワードが本陣を構える箱根にて、ついに両陣営が全面衝突する!

image

またラブコメ路線もしっかりとそれも着々と進展していてドキドキの展開に.
特に印象的だったのが今回本格的に恋のバトルに参戦してきた立夏さんで,出遅れた自覚もありながら積極性を見せてグッと魅力が上がった気がします.

三大ヒロインのスポットライトの浴び方も素晴らしかったのですが,男連中の策略と暴力のぶつかり合いもとにかくド派手で面白かったです.

軍略のぶつかり合いと巨大兵士たちの派手なバトルが更に磨きかかって作品全体が華やいでいる印象ですね.

また作品最大の謎である主人公の招待もかなりヒントが出された印象.

盛り上がっています.


『クロニクル・レギオン 2』 感想 今巻もかなり大きなスケールで描かれていて大満足


今巻もかなり大きなスケールで描かれた半現代戦記で大満足でした!

image

一手一手の緊張感もさることながら可愛らしい女性陣に油切ったおっさん,冷静沈着な敵総大将,動じない主人公などかなりお腹いっぱいですよ.
登場人物ゆかりの展開かと思えば歴史をなぞることなくあえて崩して異種格闘させる展開も新鮮ですし,雑多な中でもキラリと光る戦略なども楽しめます.
主人公の正体がだんだんと明らかになるのも楽しみですし,今後も目が離せない作品になりそうです.