「姫騎士」タグアーカイブ

感想 『折れた聖剣と帝冠の剣姫 1』 スペクタクル建国ファンタジー開幕


スペクタクル建国ファンタジー開幕

あらすじ・内容

英雄と勇者二人の旅が織りなす帝国創建への物語知略の英雄、 カーヴェル王国のルシード王子。勇猛な聖剣の姫、パルミア王国 ファルシェーラ王女。大陸に名を知られる二人が率いた軍は、リスティオンの野で激突し、か つての幼なじみである二人は死闘を繰り広げていた。ファルシェーラの軍勢は着々とカーヴェル軍の陣容を切り崩し、ルシードが首級を上げるべく剣姫ファル シェーラが突入、ついに互いを強敵と認めていた二人は戦場であいまみえる。時を同じくして二人の英雄不在のときを狙ったかのように両国で政変が発生。二人 は帰るべき祖国を失う。かくして同じ立場となった王子と王女の二人は居場所を求め世界を旅することになるのだが、その最初の行く手にはかつての勇者が封印 した巨大な竜が待ち受けていた。ルシードとファルシェーラ、二人に最初の試練が訪れる。

戦争から幼馴染から一騎打ちから兄妹,家族,陰謀……お腹いっぱい楽しめました.

image

特に主人公とヒロインの過去と現在の立場の対比も面白いですし,その関係の変化しているところと,変わらないところがしっかり物語にいい味つけていました.

また後半部の怒涛の冒険と発見.
そして開放,自由!

ファンタジーの良い所を見事に活かして壮大な,でも何処か等身大な感覚が心地よかったです.

オーソドックスながらもしっかりまとまっているのも良かった.安心して読める作品ですね.


感想 『フォルセス公国戦記 3』 戦争に次ぐ戦争で迫力満点


満腹度が高過ぎな戦記ファンタジーのド直球王道作品であることを再確認しました.

image

今回も戦争に次ぐ戦争で迫力満点でしたが,改めて政治や策謀家たちにスポットライトが当たることで,一層物語に深みがましたように感じられました.

適材適所に加えて,全体を見通す鋭さとカリスマの物語なんでしょうね.

一難去ってまた一難,ということが次々に,それも大スケールで訪れるのが今作の見どころでもあるわけですが,果たして次回はどんな戦いとドラマを見せてくれるのか楽しみです.

新キャラもクセがあってかわいい.


『サクラ×サク 02 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ』 感想 混戦のテイストが更に色濃くなって…


前巻の混戦のテイストが更に色濃くなってどんどん面白さを増しています!

内容紹介

帝国領ファウラス城市攻略!立ちはだかるは、サクラの妹ナズナ!

「本日付で第八公軍第一連隊に着任いたしました、ハイジ・バラン少尉であります!」
サクラにひと目も会えないままハイジ・バランの日々は飛ぶように過ぎてゆく。
帝国の防衛網を切り裂きながら進む第八公軍が目指すは帝国領ファウラス城市。
サクラの下に増援として派遣されたのは、サクラの妹、ナズナ率いる七六旅団。
血が滾って心も躍る本格ファンタジー戦記、待望の二巻!

image

明らかにされた主人公の異能ですが,そうはいっても戦争なのでうまくことは運びません.
一騎当千の能力が出たり,キャラが出たりしているのに事態が色々と斜め方向に突き抜けたりして驚かされるし,飽きない作りになっています.
またヒロインの可愛さとその鋭さが更に際立って,その上ひと癖もふた癖もあるキャラがバンバン投下されるのでドキドキが続いて素晴らしいです.
心情描写だけでなく,セリフからも登場人物の息遣いが聞こえてくるようなそんな感覚も得ました.
どんでん返しに次ぐどんでん返し.
戦士たちの混戦の中で異能の力がどう活用され,攻略されていくのか.
続きが楽しみな作品です.


結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? 感想


思ったよりも本格ファンタジー,と誰もが印象をいだきそうですね.

-あらすじ-
魔法を操る竜人が現れたことで大陸の人類は滅亡寸前にまで追いやられていた。とある村を守る剣聖女・メルシオーネは、ある日ヒノモトから来た“シノビ”サ ビトと出逢う。常識外れの剣の技量と魔法にしか見えない奇妙な術―ニンポウ―を操り、強大な豚人と妖人の群れを容易く蹴散らしたその腕を見込み、メルは彼 を村へ招くが……。「大体お前って、胸に重りつけて戦ってるようなモンだし」「ひ、酷い! エッチ! もう荷物を持ってあげませんから!」寡黙(のフリし て内心饒舌)なニンジャと清楚(だけど天然)銀髪巨乳女騎士。凸凹な2人の相性は、だけどなかなか悪くないようで……? ニンジャとドラゴンが雌雄を決す る人類反抗バトラブ活劇ここに見参!

image

タイトルが奇抜なのもさることながら,ファンタジーで行きましょう→ニンジャを混ぜようと何故なったのか.
忍法とファンタジー要素が見事にマッチしていて,しかもちゃんと説得力を持たせる設定がしっかり出ていたのが印象的だったので良かったです.
ヒロインの無防備なエロスからの主人公のしっかりツッコミがいい味出してて独特の雰囲気.
バトルも少し大味でしたが概ね迫力があって楽しめました.
とりあえず次もニンジャとドラゴン,雌雄を決してほしいところですね.


異世界魔法は遅れてる! 4 感想


リリアナちゃん可愛すぎる.

image

ヒロインは逃亡し,主人公は深手を負い,犯人はさらに暗躍する.
そんなこんなでようやく解決を見せた本編でしたね.
特に良かったのは豊富なバトルシーン.意外なキャラの先頭も良かったし,魔術戦の化かし合いも緻密に描かれていてわくわくしました.
しかし順当にヒロインを攻略しながら無自覚に中二成分を撒き散らす主人公があれですね.


フォルセス公国戦記II 感想


どんどん盛り上がりを見せる活劇とも言える展開がさすが.

image

都合の良い展開といえばそこまでなのだが,描写に裏打ちされた言動によって勢いで納得させられてしまう.
また敵もさることながらというか,かなりのカリスマ・魅力を持ってるで映えますね.
新キャラや新展開がバンバン出ていてわくわくします.早く続き読みたい.


フォルセス公国戦記 感想


激動の時代に策謀あり.

image

まさかの至道流星先生による本格ファンタジー.
いつにもまして筆がノッてますが,本質は変わらずと言った感じです.
絶望あふれた状況からどう機転を利かせて大発展していくのか.
いつもの盛り上がりを期待します.


セントレイン戦記1 感想


それなりに面白かったですが,軍師者に必要な知略の妙が少なかった印象.

image

ヒロインは可愛いし,主人公がたっているのは流石ですが,ありえないくらいの苦戦もなく,圧倒的知略でもなく,可もなく不可もなくと言った感じで煮えきらなかったですね.