「姉」タグアーカイブ

感想 『アクセル・ワールド 20』  時代のうねりが加速する


時代のうねりが加速する

あらすじ・内容

最終決戦迫る最新刊!!

「――行くぞ、レイン!!」「――来い、ロータス!!」 《災禍の鎧》、《バックドア・プログラム》、《ISSキット》、そして《災禍の鎧マークII》――。加速世界にあまたの悲劇と混乱をもたらしてきた謎の組織《加速研究会》。その表の顔は、六大レギオンの一角として港区エリアを支配する白のレギオン《オシラトリ・ユニヴァース》だった。全ての元凶にして黒幕、白の王《ホワイト・コスモス》との決戦を前に、黒雪姫率いる《ネガ・ネビュラス》は赤のレギオン《プロミネンス》との合併会議に臨む。ネガ・ネビュラスからの出席者十一名に対して、プロミネンスは総勢三十三名。実に三倍もの規模を誇る大レギオンの全貌を初めて目の当たりにし、圧倒されるハルユキだったが、会議は序盤から思わぬ展開を辿る。「シルバー・クロウ!! ネガ・ネビュラス代表として、オレと戦え!!」 初対面のバーストリンカーに、いきなり戦いを挑まれたハルユキの選択は――!? いっぽう、ニコと黒雪姫も、禁断の《王》対《王》の戦いへと突き進む。対峙する二人は、二つのレギオンをまとめあげることができるのか――!?

大きな流れ同士が合流し,更に巨大な流れとなって怒涛の展開を見せた巻でした.

前巻が謎の開示と過去の集約だとしたら今巻は確かな一歩で謎に迫り,激動の流れで前に進んだ巻ですね.

無数のキャラクターたちがそれぞれのアイデンティティーをぶつけるところも魅力的なのですが,やはり成長した主人公とその仲間の頼もしさから見る“前に進んでいる“感じがいいんですよね.

いよいよ敵の本拠地にたどり着いたわけですがやはり一筋縄では行かなそうです.

提示された新たな謎とともに風雲急を告げそうな次巻に期待です.


感想 『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…』


エロゲへの信念

あらすじ・内容

私をあなたの……奴隷(カノジョ)にしてほしいの

エロゲ好きの高校生・一真は、学校一の秀才にして、美少女優等生の水崎萌香に告白される。しかも、萌香は一真好みの『ヒロイン』になるため頑張ると宣言!? 「私を……調教してくれる?」 これ、なんてエロゲ?

主人公がエロゲへの愛をもっておいしいシチュエーションに待ったをかけるお話でした.

キャラクターはどれも可愛く生き生きとしていてきれいに描かれていて悪い人がいない優しい世界でした.

それだけにもう少し後半の盛り上がりもハード目の展開にしてほしかったのが好みとしてはありました.

あとはどれだけ主人公が魂込めて趣味に燃え上がれるのかをもっと読んでみたかったですね.


感想 『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 14 大学生編』 遠距離恋愛の醍醐味


遠距離恋愛の醍醐味

あらすじ・内容

桃に会いに行くため――ついに柏田、北海道へ!

学園祭以来、桃の関係はずっとギクシャク……そんなとき、声優の深瀬愛のマネージャーバイトの打診が。そうだ! これで旅費を貯めて、桃のいる北海道の大学まで行ってやる!  ……って、なんで長谷川も北海道に!

image

今回も本当にさっくり読めました.

遠距離恋愛だからこそ訪れる苦悩とそれを前向きにひたむきに突き進む主人公の様子が甘酸っぱいのなんのですね.

また何とも言えない三角関係なのかどうなのかといった空気がほんのり切なさを演出していて,ラブコメにいい感じの花を添えていました.

結局人間割り切ることはできないのですが,キャラクターたちの潔いところと葛藤するところの対比が綺麗に見せられていて見ていてドキドキできました.

着々とクライマックスに向かっているともいえますね.

いろいろと決着するのが楽しみです.


感想 『グリモアコートの乙女たち 2』 乙女たちに紛れ込む非日常


乙女たちに紛れ込む非日常

あらすじ・内容

学年トップの大和魔女である若宮となった織音は、あいかわら ず男子ということを隠しつつ、女生徒たちの中で暮らしていた。先輩たちとお茶会をしたり、うっかりお風呂を一緒に入ってしまったりと、気の抜けないながら も楽しい日々だ。だが、外の魔法使いの世界に起きた大変動の危機は、この学院にも及ぼうとしていた。そして、学院に新たな侵入者が現れる。織音は環やルカ といった仲間たちとともに、その危機に立ち向かうが……!?

image

一難去ってまた一難.今日も乙女の花園は通常営業ですね.

1巻のハリーポッター的な雰囲気は抑えめにしてこの巻では学校の風習だったりを掘り下げて描写することで一層世界に深みがました感じがしました.

非日常に紛れ込むさらなる非日常のイベントの対比が面白く,ハラハラすることが出来ました.

というか主人公が可愛すぎます!卑怯!


感想 『竜殺しの軍師 〜とある詐欺師の英雄譚〜』 軍略と知略とほんの少しの詐欺


軍略と知略とほんの少しの詐欺.

あらすじ・内容

少年は、いつしか稀代の軍師として大陸に名を馳せる――!

「俺が巷で噂になっている天秤評議会一の軍師、白銀のエシル である」少年カイルは、この戦乱の世を逞しく生きる詐欺師だ。今日もまんまと騙された田舎娘を獲物にしてご馳走にありついていた彼だったが、なりゆきから 彼女の村を盗賊から本当に救わねばならなくなってしまう。しかも実は、白銀のエシルその人がすぐ近くにいることもカイルは全く気づいておらず……。天才的 な軍略で稀代の軍師となったカイルの活躍を描くファンタジー戦記ここに開幕!

image

凄い感じに完成された主人公だと感じました.

詐欺師として完全に寄るわけでもなく,かといって軍師として完璧かと言われればミスもする.

適度にスケベなんだけどキメるときはキメてくれそうな良いバランスの主人公が一番気に入りました.

もちろんそれだけでなく,巨乳で民バカなお姫様も芯がしっかりしていて,敵も強敵そうです.

伏線もいくつもはられていて今後の展開もまだまだこれからなので一つ一つの魅力が今後どうやって昇華していくのか楽しみですね.


感想 『グリモアコートの乙女たち』 女装男子で女学院で魔法バトルで


おおよそ好みドンピシャの個人的に最高でした.

あらすじ・内容

グリモアコート――日本で誕生した、大和魔女のみが着用する ことができる最高峰の万能魔法具だ。常夜坂女学院は、大和魔女の素質がある少女が集まる学院である。眩星織音は、とある目的のため、この学院に男であるこ とを隠して入学することになった。しかし、クラスメートの少女・千輪環に、男であることがバレてしまう。幸い、環の協力を得られることになった織音は、学 年で一番の大和魔女・若宮の座を目指すが……!?

image

女装男子で女学院で魔法バトルで過去の因縁と現在の陰謀で……ホント最高や.

世界観も独特でそれが見え隠れしつつ,表題の魔道具にもしっかり焦点を当てて,軸がぶれてないのが流石と言ったところです.
かわいい女の子やミステリアスな美人などバリエーション豊かなキャラクターは華やかだし,バトルもよく動いて作者の経験豊かなところを感じますね.

これからどんどん楽しそうなイベントが待ってそうなわくわく感もあるし,イチオシの新作になりそうです!