「友情」タグアーカイブ

感想 『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラムー2.不死の獣たち』


想いは死なず

あらすじ・内容

決闘都市ギデオンへと辿り着いたレイは、手に入れた特典防具の性能実験をしたり、ガチャを引いたりしながら自らの能力向上に努めていた。そんな中彼は、ギデオン周辺で最近子供を攫う非道な組織『ゴゥズメイズ山賊団』がはびこっていることを知る。偶然知り合ったプレイヤー・ユーゴー、キューコと共に、子供の救出と山賊団の討伐へと向かうレイ。そこにはまたしてもイレギュラーな事態が待ち受けていて――!! 超人気VRMMOファンタジー、待望の第2巻!!

子供を攫い,喰らい,身銭を稼ぐという極悪非道を絵に書いたような敵とふとしたきっかけで出来た友情の絆が印象的な巻でした.

世界の広がりを無限に感じるほか,制約やルールも多く工夫が楽しそうな世界ですね.

新キャラクターも個性的なのですが敵のいい感じの強敵感とアイテムのフレーバーの香ばしさがわくわくを増大させます.

次回からぐぐっと物語が加速しそうなので大混戦みたいなものも読みたいと期待しつつ待ちたいと思います.


感想 『異世界料理道 9』 別れと出会い……


別れと出会い……

あらすじ・内容

ついに領主サイクレウスと森辺の民の会合が開始され、過去の事件とスン家の因縁が白日の者となる日も近づいていた。一方、ようやく屋台を通常営業することが出来るようになったアスタは、友人・シュミラルの所属する銀の壺が、次なる商談の旅に出ることを知る――。

お得意様だった賑やかなキャラクターたちが離れ,それぞれの想いを胸に秘めながらまた新たなステージに進んでいく.

どうしようもない陰謀や巨悪は潜んでいるものの,確かに前を向いて進んでいける道がある.

そんな光明が示された巻でしたね.

あらゆる出来事の裏側では確かな息遣いがしっかりとベースにあって,想いをしっかりと育んでる様がバランス良く描かれていてそれがなんとも心地よい.

話の盛り上がりは激しくないもののきれいにまとまっているおかげで読後感が爽やかでした.

それでいて続きがとても気になる終わり方なのではやく読みたいです.


感想 『メロディ・リリック・アイドル・マジック』 新時代アイドルの幕開け


新時代アイドルの幕開け

あらすじ・内容

僕らの街に降りそそぐアイドルという魔法 東京都沖津区(とうきょうとおきつく)――国民的アイドルグループ・LEDに叛旗をひるがえした女子高生アイドルたちがしのぎを削る街。 高校入学に合わせて学生寮に入った「吉貞摩真(よしさだなずま)」はそこが沖津区アイドルたちの根拠地であることを知る。しかし彼にはアイドルを好きになれない理由があった。 一方、同じ寮で暮らす「尾張下火(おわりあこ)」は、学校一の美少女「飽浦(あくら)グンダリアーシャ明奈(はるな)」に誘われ、アイドルグループを結成する。しかし彼女にはアイドルにまつわる暗い過去があった。 言葉にできない二人の秘密が交錯するとき、アイドルの持つ真の力が明らかになる。メロディアスでリリカルなアイドル・熱血ラブコメディ、登場!

一人の女の子と男の子を中心に,それぞれが輝いたり色を失ったりするさまをそれぞれの居場所で描いている作品.

アイドルをキーにして人の孤独と後悔,希望や情念が強く前に押し出されているので,まるで強めの風に吹かれたような印象になりました.さすがですね.

それぞれが因縁や振り返りたくなる過去を持ちながらも目の前の舞台で懸命に輝こうとするその姿はまさしく熱血アイドルですが,後味はびっくりするくらいスッキリです.

彼女たちが描く軌跡がどのようなものになるかを見届きたいと思いつつ,少し不安と期待が入り混じった感じになりますね.


感想 『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 3』 外堀がどんどん魅力を増す


ヒートロボット列伝第三章!

あらすじ・内容

とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!

氷室義塾の活躍は大きな注目を浴び、アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。だが謎の武装組織、さらにマリスが来襲。無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまい……!?

image

相変わらず主人公サイドでなく,その外堀がどんどん魅力を増していく展開が心地よかったです.

闘いの熱さとは裏腹にクールとウィットに富んだ日常パートがいい感じのバランスを生んでいい感じです.

とくに女性キャラの心の揺り動きが中々進展があってハラハラドキドキできて良かったです.

まだまだ回収しきれていない伏線と各サイドの思惑がいろいろ絡んで複雑なテイストが出ているので,はやくスッキリする展開を希望しています.


ログ・ホライズン 8 感想


序盤が思ったよりも描写が濃くて読むのに四苦八苦.いつもとテイストを変えているイメージが強かったです.

image

なのにもかかわらず,いつものようにグッとくるシーンがいくつも散りばめられているのが素晴らしい.若者っていいと素直に思えました.才能あるもの,ないものそれぞれに向き合い方というものがある,そう思いを馳せさせる巻でした.


親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 感想


ボーイミーツガールにどれほどのエッセンスを突っ込んだらこんなに鮮やかにゴールが決まるのか未だに混乱するくらいにはすばらしくまとまっていました.

image

丸く収めるのが天才的にうまいんだろうなと思う反面,もう少しドギツイものも期待していたのでそこは個人的には残念なポイントでした.やっぱり若いのにプラトニックだったのが原因かも.