「人造人間」タグアーカイブ

感想 『やがて恋するヴィヴィ・レイン 2』 恋の盛り上がりと二人の距離


恋の盛り上がりと二人の距離

どれだけひどい戦争や残虐さを描写しようともしっかり恋の気配を感じる今巻でした.素晴らしい.

機械兵と歩兵を組み合わせた独特の戦闘技術が発展しているので激しくもユニークな描写が生々しくも楽しくなっています.

戦略も独特なものと定番なものが出てくるのでハラハラドキドキして読めます.

そしてキャラクターが本当にいい……王女のファニアが本当にヒロイン力が高くて今回びっくりしました.

幸せになってほしい.というか幸せになってほしいキャラしかいないです笑

暗躍する大人たち,見え隠れする天上人達の影.

運命の出会いや再会を経て更に時代の奔流に飲み込まれていく主人公達から目が離せません.


感想 『我がヒーローのための絶対悪 2』 闘争の意味と自我の確立


闘争の意味と自我の確立.

あらすじ・内容

少年は悪へと身を落とし続ける――。 正義のヒーロー・ガイ ムーンの勝利に終わった、あの正義と悪の激闘から二週間。 かつて正義に屈したと思われていた悪の総帥の出現に人々は恐怖したものの、時間が経つにつれて また月杜市は平穏を取り戻しつつある。悪の組織・新生リヴァイアサンもそれ以来、表立った活動は控えていた。だが二代目ヘルヴェノム卿――沖名武尊はまだ ガイムーン打倒を諦めてはいなかった。 一方そのころ、二代目ヘルヴェノム卿の存在を重く見たリヴァイアサンの元幹部である第一種たちはヘルヴェノム卿の 抹殺を画策。さらにミアも本来味方であるはずの【財団】の思惑により思いがけないピンチに晒されてしまうこととなる――。 第一種、【財団】、そして新た な存在「外種」。さまざまな試練が立ち塞がる中、武尊はガイムーンの正体・天羽ミアという最愛の少女を救うため、どれだけ自身が傷つこうと、月杜市のすべ てを巻き込み絶対悪であることを渇望し続ける――。 青春ヒーローピカレスクロマン、新たな波紋を生む第二巻!

image

重厚な雰囲気はそのままで,新しい切り口をたくさん用意してくれました.

ヒーローモノの勧善懲悪では終わらず,その哲学そのものをしっかり物語に沿わせているのがとても魅力的な作品だと改めて感じました.

キャラクターの抱えているものの質をしっかり緩急つけることでそれぞれの闘いに幅と厚みが出ています.

今後も彼と彼女と外野の闘争は苛烈をきわめること必至なわけですがいい今時に着地してくれと願わずにはいられませんね.