「ギャル」タグアーカイブ

感想 『リア充になれない俺は革命家の同志になりました 1』


スクールカーストという残酷で美しい題材

スクールカーストを体制側の一つの問題として扱いながらもそれによって翻弄される少年少女の一喜一憂をコミカルに描いた作品でした.

特殊な単語がたくさん出てきますが主人公のツッコミスキルが優秀なのでとくに引っかからずにスラスラ読めました.

この頃の時代って小さなほころびでも人間関係や生活に大きな傷を負いやすい……だから愛しいと感じるまさに黄金時代なんですよね.

ヒロインがピーキーなんですが宇宙人に感じることなくあくまでこの時代をもがき苦しんで進んでいる一人の女の子に見えたのでそこの造形も良かったです.


感想 『ラン・オーバー』 スクールカーストを瓶底から眺めて


表紙詐欺と普通に思いました.

あらすじ・内容

湊里香が転校してきてから、クラスは一変する。いじめのター ゲットにされても動じない彼女はあるとき伊園を呼び出した。湊に秘密を知られた伊園は、言われるがまま同棲生活をスタートさせる。不思議な彼女は伊園にあ ることを提案する。それはいじめのリーダーカップルに反撃すること。はじめは気乗りしなかった伊園も、次第に湊の意見に賛同するようになる。いじめのター ゲットの原を巻き込み、三人の過激な反逆が始まる。

 

image

いじめ復讐モノって何冊か読みましたがラノベではほとんどガガガ文庫の領域だと思ってました……
スクールカーストを瓶底から眺めている気持ちにもれなくありつけますが,後味は当然良くないです.
ただ復讐される側が本当に救いようのないやつらなのでいろいろ飲み込めるという感じ.
ドス黒い思春期の感情を集めてそのままどこかに放置したような突き放し方もどこか哀愁漂ってます.
犠牲になった彼らにも救いは来るのでしょうか.


吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 2 感想


読んでも読んでも止まらないほどのめり込みました.

image

今回特に素晴らしかったのは新ヒロインのギャル.
もう最高なキャラしてて拍手したいです笑
個人的にこういう傷負いまくってて虚勢はりまくってて猫かぶりまくってる女子は大好物です.
それぞれの恋愛模様と演劇,ファンタジーが密接に絡まり合ってクライマックスに突入するこの勢いが,さすがの一言です.

いろいろ謎も残り,面白そうな伏線もたくさんあるので今か今かと楽しみにしたいと思います.
まさに読者というより,観客ですね.