感想 『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラムー 3.超級激突』


怒涛の強者大激突

数十万人がプレイするオンラインゲームで陰謀やらなにやらが入り乱れるとそれはこうなるだろうという密度の物語ですね.

表の派手なイベントを中心に盛り上がる感じとは対比的に,裏の水面下の陰謀やら工作やらも同時に描かれていて楽しいです.

前回の戦闘で得られたアイテムや経験が確かに主人公の成長につながっているのもポイントですね.

後半についている別視点のサイドストーリーもグッと深く物語を理解する手助けになりました.

次巻はさらなる状況の混乱と今回地味だった主人公の活躍が描かれそうなのでそこが楽しみです.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です