感想 『エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜  6』 衝撃の結末のその後 炎の継承


衝撃の結末のその後 炎の継承

前巻の衝撃の結末から幕が上がり,第二部がスタート.

世界の悪意が暴かれ,最悪の一歩手前で右往左往する若者たち.

月日は流れてそれぞれがもがき苦しむ中,新たな狼煙と受け継がれた炎の輝きがどんどん鮮明になっていく快感がありました.

アニメで言うと分割2クールの最初な感じなのですがここまでアツくさせてくるのはさすがといったところです.

特筆するべきキャラクターの魅力の高さ.悩み苦しみ,それでもひたすらに前を向いてときには誰かの背中を追いかけ,過去に向き合い,戦いをやめないその意志の輝き……素晴らしいです.

胸を打つその在り方もそうなのですがまた世界を取り巻く絶望的な状況もいいですね.

内外の敵がいてそれぞれに思惑があり,第三の第四の勢力が現れてますます確固たるキャラクターたちのアイデンティティーが試されています.

そしてロボットもので定番の上位機体への乗り換えイベント……最高ですね.

血が滾る展開と巨悪の陰謀,害悪な怪物たちに輝ける若い力.

壮絶な幕開けになった第二部からも目が離せなさそうです.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です